看護師の投資戦略

看護師のぼくが5000万円貯める事ができたワケ

詳細はコチラ

入院形態

この記事は約2分で読めます。
転職するなら今がおすすめ
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
――――――――――――――

「精神保健福祉法」による精神科病院への入院の種類には任意入院、精神保健指定医の診察が必要である措置入院および緊急措置入院、医療保護入院、応急入院がある。 任意入院患者の入院継続の必要性の判定と任意入院が行われる状態にないかどうかの判定は精神保健指定医の職務である。

任意入院

  • 本人の同意に基づいて入院が行われる
  • 精神科病院の管理者は入院時に退院の請求を含む患者の権利について書面で知らせる
  • 自ら入院する旨を記載した書面を受け取る
  • 任意入院患者から退院の申し出があった場合はその者を退院させなければならない

措置入院

  • 都道府県知事は指定医の診察の結果、精神障碍者であり、医療および保護のために入院させなければその精神障害のために自信を傷つけ、また、他人に外を及ぼすおそれがあると認めた場合、その者を精神科病院または指定病院に入院させることが出来る。
  • 措置入院者の入院措置の解除に当たっては指定医の診察が必要である。
  • 精神障害者の意思はもちろん家族の意向も受け入れる必要はない
  • ほかの患者に比べ、行動の制限が厳しく、原則として外泊なども認められない
  • 緊急の場合は指定医1人の診察により72時間に限り緊急措置入院させることも出来る。

医療保護入院

  • 本人の同意がなくても保護者の同意があり、指定医の診察により入院の必要が認められた場合、精神科病院に入院させることができる
  • 入院させる際には精神科病院の管理者はその者に対し、当該入院措置をとる旨、退院等の請求に関することを書面にて知らせる
  • 医療保護入院ではその症状に照らし、その旨の医療および保護を図るうえで支障があると認められる間においてはその限りではない
  • 保護業務者がいない場合、扶養義務者の同意で4週間以内に限り入院させることができる
  • このような入院のさせ方の場合、人権上精神障害者本人に対して、出来る限り入院の必要性を納得させた上で入院させることが望ましい

応急入院

  • 医療および保護の依頼があった者について、緊急を要し、保護者等の同意を得ることができない場合において、指定医の診察の結果、精神障害者であり、かつ直ちに入院させなければその者の医療および保護を図る上で著しく支障があると認められたときは本人の同意がなくても72時間に限り、その者を入院させることが出来る。
スポンサーリンク
看護roo!

利用者満足度96.3%、看護師からの人気No1の転職サイト。
業界唯一の東証一部上場企業。
さらに業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件超え!
細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。

総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。
LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができます。
やはり業界最大手は就職する上での安心感がありますよね。

マイナビ看護師 [求職者募集]

全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい。
大手「マイナビ」ならではの企業求人を保有。
業界の人材紹介も広く行うマイナビのパイプを生かし、治験や産業看護師などの企業求人も充実。

業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
キャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に派遣先を勧めることはありません。
各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能に!
時給2500円の『高時給求人』や勤務先が保育園等のレアな求人も保有!

ナースパワーには独自の勤務形態である『応援ナース』という制度がある。この制度は6ヶ月の期限付き雇用契約で首都圏の場合、
月収45万円が保証されるといったメチャクチャ割のいい制度。
利用しない手はない!

看護師に必要な法律
りゅうろぐ

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました