経鼻カニューレ(経鼻酸素) 留意点 方法 観察ポイント

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

注意点 留意点

  • カニューレは挿入も浅く、粘膜への刺激が少ないが、外れやすいので注意する
  • カニューレは毎日交換する

手順 手技 方法

  1. 酸素吸入器を準備し、点検する
  2. 中央配管の場合は酸素流出口のキャップをはずし、アダプタを配管口に差し込み、固定する
  3. 患者や家族に酸素療法について説明し、安心して吸入が出来るようにつとめる
  4. コルベン(加湿器)の滅菌蒸留水は1日1回交換する。また、下限水位以下にならないように蒸留水を補充する。コネクティングチューブは週一回交換する。
  5. 連結管の先にカニューレを接続する
  6. 酸素の流出状態を確かめる
  7. カニューレを両鼻腔に挿入し、両方の耳かけを患者のサイズに合わせて耳にかける。
  8. カニューレをテープで固定する
  9. 酸素を指示された両まで少量ずつ確かめながら流す。酸素流量は4~6L/分で吸入濃は35~45%になる
  10. しばらく患者および酸素の流量状態を観察し、異常のないことを確かめる
  11. ナースコールを患者の枕元に置いて、異常が生じたら直ちに看護師を呼べる状態にして退室する
酸素ボンベ使用の場合の準備の仕方

・ 酸素ボンベを架台に取り付ける
・ 酸素ボンベの開閉口を一度、瞬間的に開いてごみを払い、調子をみる
・ 流量計をボンベに取り付け、スパナで正しい位置にしっかり固定する(最近は手で回せるものも増えてきている)
・ 流量計の開閉口を閉じたままボンベの開閉口を徐々に開く
・ 圧力計のメモリを読み、酸素の残量を確認する(残圧が5MPaの以下の場合は交換したほうがい良い)
・酸素流量計のダイヤルを回して流量を設定する
・ 移動手段に合わせて、酸素架台を使用する(車いすやストレッチャーには酸素架台が付いているものがある)

観察項目 観察ポイント

  • バイタルサイン
  • 動脈血液ガスの変化
  • 呼吸状態(呼吸数、呼吸様式、チアノーゼの有無)
  • 舌根沈下
  • 気道内分泌物の状態
  • 正しい装着がされているか
  • 指示通りの流量が投与されているか
  • 流量計、加湿器、チューブなどの接続部のゆるみがないか 
  • チューブが患者の体やベッド柵にはさまれて折れ曲がっていないか
  • 鼻腔粘膜にびらんができていないか、チューブと皮膚の接触部の観察(ガーゼや包帯などで工夫)
  • 口鼻腔の乾燥や口渇の観察
  • 原則的には腹腔内臓器が胸郭を圧迫しないようにファーラー位かセミファーラー位とする
  • 呼吸困難に伴う身体的症状

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました