衛生的手洗いの目的、方法について

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

目的

手指から有害な微生物を除去し、手指を介した交差感染を防止する

注意点 留意点

  • 看護行為の前後は必ず手洗いを行う
  • 爪は細菌などがつきやすいので、短く切っておく
  • 石鹸と流水により行うが、必要に応じて消毒薬を使用する
  • 共有で使用する固形石鹸には細菌の繁殖が考えられるので、ポンプ式の石鹸を使用する
  • 通常、手洗いは10~20秒間行う

手順 手技 方法

  1. 手全体を水でぬらす
  2. 石鹸液を手に取り、手全体にのばすようにつけ、手のひらをこすり合わせる
  3. 手の甲をもう片方の手のひらに包むように当て、指の間をこすりながら洗う。反対側の手も同様に行う
  4. 手を組み指の間をこすりながら洗う
  5. 手のひらにもう片方の指先をのせ、指先と爪を洗う。反対の手も同様に行う
  6. 母指をもう片方の手のひらで包み、回転させながら洗う。反対の手も同様に洗う。
  7. 手首をもう片方の手のひらで包み、回転させながら洗う。反対の手も同様に洗う。
  8. 流水で丁寧にすすぐ
  9. ペーパータオルを使用し、十分に拭き取り、乾燥させる

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました