小児の採血

この記事は約1分で読めます。
  • 血液一般、生化学、血清学、免疫学検査などのために血液を採取する
  • 部位は肘窩部、前腕部および内果部静脈、手背、足背静脈が用いられる。また新生児や未熟児では毛細血管法によって足底外側部を穿刺して採血を行う
  • 血液ガス検査のために医師による動脈血採血が行われることもある
  • 出血傾向を示している場合もあり、採血後の止血は十分行われる必要があり、動脈採血後は特に厳重に行う。
  • 採血では介助者による固定が重要であり、駆血や注射器の陰圧の強さに注意が必要である
  • 採血にあたって事前に必要性を説明し協力を求める

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました