心不全患者の看護

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

急性期

目標

  • 呼吸困難の緩和
  • 二次障害や合併症を起こすことなく経過する
  • 安静度を理解し、それに応じた日常生活を送ることができる
  • 不安が軽減し、治療に対して積極的に臨むことができる

観察

  • バイタルサイン
  • 肺雑音の有無、SPO2、喀痰の状態、呼吸状態
  • 心電図の変化
  • 水分出納バランス
  • レントゲン写真

ケア

  1. 体位をファーラー位とし、横隔膜を下降させることで換気量の増加を図る。
  2. 人工呼吸器装着時は気道内の分泌物を吸引し、換気障害を少なくする。
  3. 心臓仕事量の軽減・心拍出量維持のため活動、食事内容、水分摂取量に制限が出てくる
  4. 活動制限による日常生活の不足部分を支援する
  5. 呼吸困難は患者に死の恐怖を与え、治療や処置が緊急に行われるため、不安感や恐怖感を増強させるため、患者の言動・表情・行動などを観察し、不安や恐怖に対する支援を行う

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました