腰椎圧迫骨折

この記事は約1分で読めます。

病態

骨粗しょう症の影響により骨がもろくなり、脊柱の椎体の骨折として発症する。 若年層ではスポーツ転落事故により発症しやすい。

症状

ほとんどの場合は第11~12胸椎と第1腰椎の胸腰椎移行部に症状が現れる。 痛みや痺れが見られてヘルニアに近い状態になる。

検査

腰椎圧迫骨折の確定診断はMRI検査によって行われる。

治療

手術を行うことは少なく、長期ベッド上臥床での保存両方で骨癒合を保つ。 コルセットなども使用するが3ヶ月程度で除去される。 予後良好である。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました