K2シロップ

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

目的

ビタミンK欠乏による出血性傾向、紫斑病、血尿、鼻出血、消化管出血、頭蓋内出血を予防するために内服する

投与時期

生後5日目と母乳栄養を行っている場合は1ヶ月健診時にビタミンK2シロップを内服させる

方法

ビタミンK2シロップ1mlを糖水で希釈し、内服させる

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました