糖尿病患者を受け持った場合の看護プランとアセスメント

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

こちらの資料は私が実習生だったころにまとめた実際の患者さんの事例です。続きの資料はWORDファイルで販売します。

患者情報

A さん 83 歳女性 入院されて 27 日目 入院の原因 一過性の意識喪失(TIA) 既往 糖尿病

家族構成

A さんの夫は既に亡くなられており、現在は娘である三女と 2 人の孫の 4 人で暮らし

価値感

家族に対して、退院後は排泄の面でなるべく世話をかけたくないと思っておられる


安楽障害がある

A さんに生じている倦怠感の原因についてアセスメントしプランを考える。

S情報

しんどい・・・ しんどいから何もしたくない

O情報

83 歳女性 糖尿病 Hb8.3 Ht24.8 赤血球247 倦怠感は全身または局所的にさまざまな表現で訴えられる身体的・精神的な自覚症状である。 倦怠感をそのまま放置しておくと臥床していることが多くなり、日常生活にも支障をきたす。 とくに筋・骨格系にあたえる影響は大きい。 臥床安静後 3~7 日ころから、筋の構成成分であるたんぱく質が減少しはじめ、筋力低下・筋萎縮を引き起こす。 筋力低下は歩行に必要な殿部・大腿・下腿の筋にいちじるしく、歩行を不安定にし、また床からの立ち上がりを困難にする。 臥床安静後 2~3 日ころから、体重をささえる必要のなくなった骨は、その主成分であるリン酸カルシウムを体外に排泄しはじめる。その結果、骨はもろくなり、廃用性の骨そしょう症を引きおこす。 関節をとりまく可動性のある疎性結合組織は不動状態の 4 日目ごろから緻密な結合組織が変化しはじめ、関節の可動域に制限をきたし、痛みももたらしてくる。 現在の A さんはリハビリも進み活動量も向上しているが、入院された1ヶ月前までは自宅で這っている事もあり、廃用性症候群と診断されている。 倦怠感により、臥床が多い生活となると、また以前の状態に陥ってしまう事も考えられるので、考えられる倦怠感の原因をアセスメントしプランについて考えて行きたい。

アセスメント

糖尿病

インスリンの作用が低下することで,肝臓や筋肉でグルコースを十分にエネルギーに転換できなくなるために,倦怠感が起こる。

低い栄養状態

A さんの栄養状態をみると検査数値は低くなっている。栄養の絶対量が不足すると,エネルギー源が補給されないため全身の倦怠感が出現する。

消化不良

また食事をしても加齢により消化管の粘膜が萎縮し、消化管の蠕動運動は低下し,胃の酸分泌も少なくなる。このため高齢者では消化不良になりやすくなり、エネルギー産生が減ることで,倦怠感が生じると考えられる。

貧血

A さんの検査数値から見ると貧血であると考えられる。ヘモグロビンが少ないと組織に酸素が供給されず血液酸素運搬能低下によって倦怠感が出現すると考えられる。 水・電解質のバランスを崩す疾患A さんは腎機能が低下しており、そのことで代謝産物が蓄積するために倦怠感が出現すると考えられる。

心機能

A さんは 83 歳であり、一般的に加齢により弾力性が低下した心筋を用いて,抵抗性の増した血管へ血液を送り出すために,その代償として左室心筋が肥大・肥厚し、左心室の拡張機能が低下し、心臓の予備力を低下させ循環の働きが低下する。 その為、血液酸素運搬能低下が原因で,全身倦怠感が生じる。

加齢,睡眠不足

代謝産物が細胞から血液中に送り出されず,細胞内に代謝産物が蓄積すると倦怠感が出現すると考えられている.

状況因子

単調な入院生活などによる心理的ストレスや不安が高ま………続きは以下よりご購入下さい。

[asp_product id=”1650″]

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました