帝王切開を受ける患者の看護計画(看護問題・観察・看護・指導)のまとめ【術前編】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護問題

帝王切開の場合、胎児の状態が悪化している可能性があり、胎児が元気に生まれてくるかが心配であり、不安がある。

看護目標

患者・胎児を安全・安楽かつ迅速に手術室に搬送することができる。

OP(観察ポイント)

  1. 胎児心音を頻回にチェックする(ドップラー、分娩監視装置を使用)
  2. 腹部状態(主に緊満の有無)
  3. 訴え
  4. 表情

TP(ケアのポイント)

  1. 胎児心音が低下した場合、体位変換を行い態勢を変える
  2. 母体へ酸素投与
  3. 呼吸法の指導
  4. 剃毛、酸素投与、血管確保、弾性ストッキングや病衣の着用などは手際よく迅速に行う
  5. 家族連絡

EP(指導のポイント)

  1. 現在の処置の方法や必要性について説明する
  2. 帝王切開の必要性を説明し、医師との面談によりインフォームドコンセントを行う

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました