瞑想の具体的な方法を5つ紹介します。

この記事は約3分で読めます。
りゅうらじ。

瞑想には5つの方法があります。

  1. 呼吸瞑想
  2. ボディスキャン
  3. 歩行瞑想
  4. オープンモニタリング
  5. 慈悲の瞑想

今回はコチラをわかり易く説明して行きます。

1.呼吸瞑想

呼吸に注目するタイプの瞑想です。

まずは座禅を組んで目を閉じます。

目は前方3メートルくらいの床を見る感じで閉じます。

鼻や口から肺に空気が入って、気道を通って出てくるところをイメージします。

腹式呼吸(丹田呼吸)を意識しましょう。

腹式呼吸の方法

吸った空気がおなかの中に入っておなかを膨らませて、空気を出すときにはおなかが凹むようにします。

おなかの中に風船があってそれが膨らんで、しぼんで行くのをイメージするとやりやすいです。

呼吸に集中することで余計なことを考えなくなり、雑念が圧倒的に少なくなります。

2.ボディスキャン

寝ても座ってもいいので指先や足先、手首や肘などのパーツに一定時間ずつ集中して行きます。

一つ一つのパーツに呼吸5回分の時間をかけて集中して行きます。

パーツを細かくして行けばその分長時間の瞑想ができます。

これも呼吸瞑想と同じく雑念が減って集中力の上昇やストレス解消効果があります。

3.歩行瞑想

足の裏に集中する瞑想法です。

例えば踵が地面についた、次は足の裏全体が地面に就いた次に足指がついて地面から離れて次の足へ・・・・

などと細かく自分の足の裏を頭の中でイメージします。

足の裏の実況中継みたいな感じでやっていただければと思います。

4.オープンモニタリング

座禅を組んで目を閉じます。

そして、自分の頭に思い浮かんだ考えを実況中継します。

例えば

「まだ5分も経たないのか・・・」
「周りがうるさいな」
「トイレ行きたい・・・・」

瞑想をしていれば必ず上記のような雑念が思い浮かびます。

それを観察していくということです。

大事なのは自分の考えを解決しようとしない事。

それをするには頭に思い浮かんだ事を否定も肯定もせずただひたすら実況することがコツです。

5.慈悲の瞑想

座禅を組んで目を閉じます。

そして、頭の中でこう唱えてください。

「私の願いが叶いますように」

「私が幸せでありますように」

「私の悩み、苦しみが消えますように」

「私が穏やかでありますように」

この4つをどんな順番でもいいのでひたすら唱えることです。

慣れてきたら、身近な人を同じように関連付けます。

「あの人の願いが叶いますように」

「あの人が幸せでありますように」

「あの人の悩み、苦しみが消えますように」

「あの人が穏やかでありますように」

他者の幸せを願うということでメンタルには大きな効果が現れます。

ある研究ではこの瞑想を7週間続けた人がポジティブな感情が増大して、うつ病が軽くなったり、迷走神経の働きが良くなったことが報告されています。

瞑想は毎日の継続が大事

ほとんどの研究で瞑想は毎日行い、8週間前後で効果があるとされているようです。

5~10分ほどでいいので毎日続けてください。

オススメは朝一番にやることです。

朝行うことでその日1日のタスクを瞑想によって減らすことができ、仕事などもスムーズに行うことができます。

まとめ

今回は瞑想の方法を5つご紹介しました。

僕も最初は瞑想などなんだか怪しくて信じてなかったんですが、やってみたら凄く効果を実感できました。

これはやるかやらないかだと思います。

やらないと決めている人も一回やってみて、それからやるかやらないかを判断することをオススメします。

これで人生変わった人って結構多いみたいですよ。

ちなみに

・イチロー
・スティーブジョブス
・グーグルの社員

この辺はみんな瞑想やってます。

これを読んだあなたは自分の才能を開花させるチャンスかもしれませんね。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました