あなたの人生を不幸にする習慣

この記事は約2分で読めます。

あなたが人生を幸福に過ごしたいなら、
方法はかんたんです。

それは
自分を不幸にする習慣を今すぐやめることです。

その方法は
コントロール出来ないものを排除することです。

それでは行きましょう。

関心の輪と影響の輪

これは7つの習慣にかかれてあるのですが、
人間には関心の輪と影響の輪があるということです。

簡単に言うと、

・関心の輪
自分でコントロールできないこと
・影響の輪
自分でコントロールできること
です。

関心の輪に目を向けている人は幸せになれないし、成功も出来ないとされています。

それはなぜでしょうか?

それでは関心の輪をかんたんに説明します。

関心の輪とは

関心の輪で最も多いのは
・過去に執着すること
・他人を変えようとすること

この2つです。

例えば「過去に執着すること」で言えば

子供の頃に親が育て方を間違えたから自分はこうなってしまった。
あのとき勉強しなかったから成功できなかった
あのときの進路の選択がもし違っていたら自分は今頃成功できていた

そして、
「他人を変えようとすること」は
妻がもっと痩せていれば
上司がもっとマトモなら

など、
考えただけでもネガティブになる要素です。

ぼくの経験からしても他人を変えることはほぼ不可能です。

他人を変えるくらいなら自分がさっさと変わったほうが手っ取り早いです。

つまり、変えられないことについて考えることは時間の浪費です。

他にも「自分でコントロールできないこと」には、政治、経済、社会、地域、法律、先祖・両親、天気、天災など数多くあります。

自分でコントロールできることをとことんやる

自分でコントロールできることってなんだろう!?

と考えたとき、ぼくの場合は家族がいるので、
家族との時間を多く過ごしたり、
妻の家事を手伝ったり、
本を読んで勉強したり、
こうやってブログや音声配信をして収益を得る。

こういったことなら自分が行動するだけで変えて行けそうです。

そして、
それをやることで自分も家族も幸せになり、
幸せになれば周りの人たちにも幸せを分けることができるので、
幸せが掛け算式に増えていくのです。

そして、
成功したいのであれば
家でしっかり勉強して、
成功する方法を考えることが大事です。

まとめ

あなたが成功したい、
幸福になりたい。

そう思っているのであれば
変えられないことに執着せず

変えられることに目を向けましょう

そして、
変えられることを続けて習慣化してしまえば
幸せは複利効果で掛け算式に増えていきますよ。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました