産痛ケアのための罨法

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

温罨法

血液循環が良くなることで筋緊張が緩和し、疼痛に対する感受性が低くなる。

方法

  • 産婦が痛みを感じる部位に湯タオルや湯たんぽを当てる。
  • 湯の温度が冷めないように適宜交換する
  • 三陰交に急をすえる

などなど

他には足浴もある

温水を用いて血液循環を促進することで、筋緊張を緩和させる。

  1. 足浴用のバケツやフットバスに、くるぶしの10cm上くらいの深さの湯を入れる。
  2. 体温の低下を防ぐために足元をタオルなどで覆って保温する。

冷罨法

冷感で生じる麻痺によって求心性神経の刺激伝達を遅延させる。

方法

冷たい水で絞ったタオルや保冷剤などを用いる

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました