非効果的気道浄化の看護計画

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職するなら今がおすすめ
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護問題

#非効果的気道浄化

看護目標

長期目標 呼吸が楽に行えるようになったと表出する
短期目標 気道の分泌物が除去できる(分泌物の貯留がない)

看護実践
O-P(Observational Plan )
1.バイタルサイン(体温、脈拍、血圧、経皮的酸素飽和度)の測定
2.呼吸状態(回数、リズム、深さ、胸郭の動き、肺音聴取)
3.喀痰の量・性状、咳嗽、喘鳴、呼吸苦の有無
4.呼吸困難の有無(息切れ、鼻翼呼吸、チアノーゼ、爪・粘膜の色の変化、
  ボルグスケール)

T-P(Therapeutic Plan )
1.定期的に体位変換を行う(体位ドレナージ、スクイージング、安楽な体位)
2.体位ドレナージ(痰の貯留している肺区域を気管支より高くし、重力で排痰する)
3.喀痰の喀出
 (医師の指示による吸入、必要時吸引、水分摂取を適宜援助)
4.深呼吸を促す
5.効果的な呼吸訓練(リラックスしゆったりとした呼吸、口すぼめ呼吸、腹式呼吸、
  呼吸筋ストレッチ体操の指導と実施)
6.安静が保てる環境を調整する
7.呼吸困難が改善されないときは医師の指示のもと酸素吸入を行う
8.ネブライザーの使用(気道内加湿を行い、気道内分泌物の粘稠度を下げ、喀痰を促す。)
9.口腔ケア

E-P(Educational Plan )
1.息苦しさが増強するときはナースコールで知らせてください
2.有効な排痰、咳嗽方法の説明
3.処置の必要性を説明する
4.禁煙指導

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました