心不全患者 ゴードン11項目のアセスメントと実施・結果・評価 看護診断.pdf

心不全 ゴードン アセスメント 看護過程
この記事は約2分で読めます。

今回は心不全患者について個別事例での模範解答をご紹介します。

ダウンロード内容
  • 事例紹介(詳細で具体的な事例になります)
  • S・O情報
  • アセスメント(分析・解釈)
  • 看護問題(看護診断・優先順位1位の理由)
  • 看護計画

事例紹介(簡略なものです)

○○さん 60歳代 男性

妻と2人暮らし

キーパーソン:妻

嗜好品:喫煙歴40年(20本/日) 飲酒 焼酎 1~2合/日 友人と飲む時は3~4合/回

<入院までの経過>

数年前から高血圧、脂質異常症と診断され、内服していた。

2年前に急性心不全で入院して治療を受けている。

退院後、しばらくは服薬管理、禁煙、食事療法を守っていたが、徐々に薬の飲み忘れや喫煙、友人との飲み会の割合が増え、以前と変わらない生活スタイルになっていた。

1か月前から、犬の散歩や階段昇降時の軽い息切れ、夕方以降の下肢のむくみ、夜間の咳や体の重たい感覚があったが、運動不足や肥満が原因だと考え放置していた。

3日前からから咳や動作時の息苦しさが増強し、食欲不振が出現。

前日の就寝後に呼吸困難感が出現して救急搬送され、慢性心不全の急性増悪と診断された。

慢性心不全の急性増悪症状改善と心臓の負荷を軽減の目的で入院となった。

Ryu
Ryu

ダウンロードすることで、下記の詳細な事例を閲覧できます。

ダウンロードにて詳細な事例を閲覧できます。

ゴードン11項目のアセスメント

ダウンロードにて11項目全てを閲覧できます。

看護診断と優先順位第1位の看護問題の理由

長期目標、短期目標も書かれています。

看護計画

個別性に基づいた看護計画となっています。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました