胃癌患者の看護計画

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標
1.身体的・精神的苦痛を最小限にとどめる

<問題点>
♯1.消化管出血による全身状態の悪化(腫瘍からの出血)
目標:異常の早期発見ができ、適切な処置を受けることができる

♯2.腹部症状や栄養の吸収障害により栄養状態が悪化する恐れがある
(癌による胃蠕動運動の低下と通過障害、心窩部痛、悪心、腹部膨満による食欲不振、ストレスによる食欲不振)
  
目標:栄養状態の低下をきたさない

#3.疾患による痛み(腹部痛等)があり苦痛である
   
目標:疼痛出現時報告することができ、身体的苦痛を最小限にとどめることができる

♯4.疾患や検査に対する不安がある
病気の兆候(食欲不振、心窩部痛、嘔気等)
  検査や治療に対する情報不足
  入院という慣れない環境
  社会的役割が果たせない
  予期的不安
   
目標;検査の目的を理解し、自分の思いや不安が言葉で表現できる

♯5.家族の不安
   疾患そのものへの不安
   患者の予後や経済面への不安     
   サポートシステムの不足
   家族間の人間関係

目標:家族ケア、家族サポートを通し  
   て患者を支えることができる

<対策>

#1

O-1.バイタルサイン、意識レベル
  2.胃部症状;疼痛、嘔気、嘔吐、膨満感
  3.吐血、下血の有無
  4.全身状態
  5.検査データー
T-1.吐血、下血の場合
   1)安静の保持
   2)嘔吐後冷水で含嗽させ、嘔気を誘発させない
   3)適切な処置の介助
   4)腹圧をかけない(体位交換時)
   5)輸液、輸血の管理
   6)不潔になりやすいので、清潔を保ち不快感を与えない
     等(吐血・下血の看護に準じる)
E-1.安静の必要性を説明し、処置により状態が改善することを
    説明
  2.吐血、下血、その他異常時は、報告するように説明

#2

O-1.食事摂取量、水分出納、浮腫や脱水症状の有無
  2.食事摂取に関連した嚥下困難、胃痛、不快感、悪心、嘔吐
    の有無と程度
  3.倦怠感・息切れなどによる日常生活の障害の有無
  4.口腔粘膜の状態
  5.体重の変化
  6.検査データ-:貧血、栄養状態
T-1.検査などで脱水にならないように注意する
  2.患者の嗜好を考慮し、家族の協力を得て、消化のよい嗜好
    品を持参してもらう
  3.胃の負担を軽減するため一回量を少なく、食事回数を増やして、よく噛んで食べるように説明する
  4.通過障害による絶食の場合高カロリー輸液管理を行う
  5.消化剤、鎮痛剤を適宜与薬し、痛みや胃部不快を軽減する
  6.倦怠感・息切れなどのある場合は日常生活で転倒しないよ
    う注意する
7.不安やストレスに起因した食欲不振に対しては、その誘因
    を取り除く
E-1.栄養指導で高蛋白、高カロリー、鉄分を含んだ食品摂取
    の必要性について説明する。又、消化の良いもの、嗜好品などをよく噛んで摂取してもらうよう説明する
  2.高カロリー輸液の必要性、施行中の注意事項の説明をする

#3

O-1.痛みの部位、性質、食事との関係、持続時間
T-1.衣服をゆるめ腹部の緊張を和らげる
  2.安楽な体位の工夫
    1)上半身を挙上し、下肢を屈曲
    2)側臥位にし、下肢を屈曲
  3.医師の指示による鎮痛剤の与薬を行う
E-1.痛みが自制不可の場合、申し出るよう説明する
  2.刺激のあるもの、発泡性のものは摂取しないように説明する

O-1.入院への適応状況
  2.疾病、検査に対する患者の情報量とその理解度
  3.表情、言動の表出状況と不安の程度の関係
  4.食欲、食事摂取状況
  5.睡眠状況
  6.サポートシステムの状況
  7.対処行動と対処状況
T-1.検査の必要性、方法をわかりやすく説明して協力を得る
  2.検査の結果について、医師から十分説明をうけることがで
    きるように配慮する
  3.不安の表出ができるよう患者、家族の訴えをよく聴き受容
    的態度で接する
  4.静かに休息のとれる環境をつくる
E-1.医師の説明で理解できない点があれば、情報提供し、納得
    できるように説明する
  3.不安、心配なことがあれば表出して良いことを説明する

#4

O-1.家族の表情、言動
  2.患者と家族との人間関係
  3.家族と患者の疾患の理解、認識の差
  4.家族間のサポートシステム
  5.家族の状況判断能力
  6.家族が捕らえている患者の性格
  7.経済的問題の存在
T-1.コミュニケーションをとり不安、心配事を表出しやすいよ
    う受容的態度で接する
  2.家族の考えと、医療者の考えに違いがないか、患者の考え
    を尊重してかかわる方法について相談し検討
E-1.患者の今後についてイメージできる情報を提供する
  2.家族に患者サポートの必要性を説明する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました