大腿骨頚部骨折患者の看護計画、目標、問題点まとめ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標

1.疼痛・ストレスが最小限で入院生活を送ることができる
2.二次障害、合併症を起こさない

看護問題1

#1.骨折、牽引に伴う疼痛がある

目標:疼痛のコントロールができ、安静を守ることができる

看護計画

O―1.疼痛(部位、程度)    9.不穏症状
  2.熱感、冷感       10.患者の言動、表情
  3.腫脹 浮腫       11.発熱
  4.発赤          12.食事量
  5.循環障害        13.排泄状況
  6.運動障害        14.しびれ 
  7.神経障害        15.牽引8項目チェック
  8.掻痒感         16.褥瘡好発部位

T-1.体位の工夫 良肢位の保持
    牽引の巻き直し 
    疼痛時指示施行
    効果の有無観察

看護問題2

O-1. #1 O―1~16に同じ 

T―1. 予備能力の低下予防・拘縮予防 
2. 血液循環の悪化を防ぐ 
3. 指示範囲内でのギャッチアップ
4. 体位変換による除圧
5. 寝衣・シーツのしわをなおす
6. 枕の使用
7. 牽引物品による圧迫  良肢位の保持
8.効果的かつ安全な牽引の施行
9.可能な範囲のADLの自立

  1. 環境整備

E-1.患者、家族に分からないこと、不安などあるときは遠慮な 
    看護師に言うよう説明する
   2.決められた安静度内で行動するよう説明する

看護問題3

#3.慣れない環境に不安がある

目標:入院生活に慣れ疼痛、不安の表出ができる

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました