気胸患者の看護計画まとめ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標

1.肺の再拡張が図れ、息苦しさが軽減する

看護問題1

#1・呼吸パターンの不良、ガス交換の障害による息苦しさがある

目標:肺における換気の改善が図れ、安楽な呼吸ができる

看護計画

O―1 VS、呼吸数、リズム、深さ、呼吸音、胸壁の拡張状態、息苦しさ、鼻翼呼吸、呼吸延長。胸の痛み.不快感、乾性咳嗽、吸気時の鎖骨上窩陥没
  2 不安感、錯乱、興奮
  3 SpO2、血液ガス、血清電解質のバランス、胸部X―P、胸部CT
  4 不整脈                 
  5 水分出納    
  6 チアノ―ゼ
  7 不穏
  8 排便状況
T-1 安楽な体位の保持(セミファウラー位など)
  2 煙や埃、乾燥などで咳を誘発しないよう環境を整備
  3 便秘による怒責を予防するため、排便習慣を整える
  4 強い咳嗽や怒責、積極的な深呼吸を避ける
  5 四肢の運動を4時間毎に行う
  6 酸素吸入時その管理
E-1 体位変換、深呼吸を2~4時間毎に行うように説明する
  2 過激な体動や喫煙をしないように説明する

看護問題2

(胸腔ドレーン挿入中)
#2・ドレーン挿入中により、感染や閉塞の恐れがある

目標:発熱がなく感染を起こさずドレナージがスムーズにできる

看護計画

O-1 VS(特に熱型)
  2 呼吸状態(呼吸音、呼吸様式、皮下気腫の有無、疼痛の有無・程度)
  3 ドレーン挿入部の皮膚の状態、出血の有無
  4 胸腔ドレーンの管理(吸引圧)
  5 ドレーンや接続チューブの圧迫、屈曲の有無
  6 ドレーンの固定の状態
  7 エアリーク、呼吸性移動の有無
  8 排液の性状、量及びその変化を1~2時間ごとに観察する
  9 血液検査デ―タ(WBC。赤沈.CRP)
T-1 ドレーン挿入部のガーゼ交換1日1回
  2 移動時は医師の指示によりクランプをする
  3 ドレーンの固定は清拭時又はガーゼ交換時にシルキーテックスで固定する
  4 ドレーンのミルキングを適宜行う
  5 ドレーン周囲の清潔を保つ
  6.咳や深呼吸を少なくとも1時間毎にさせ肺の再膨張を促す
E-1 体動後のドレーンの状態に気を配るように説明する

看護問題3

#3・ドレーン挿入により行動が制限されて苦痛である

目標:介助により、ニードが充足されて精神的安定を得ることができる

看護計画

O-1 疼痛の有無
  2 睡眠の状態
  3 呼吸の状態
T-1 体位を工夫し安楽に務める
  2 身体の保清、ADL介助
  3 患者の訴えを聞く
  4 医師の指示にて鎮静剤を使用する
E-1 歩行許可があれば胸腔ドレーンの扱い方を説明する
  2 検査・治療などは患者がわかりやすい言葉で説明する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました