慢性呼吸不全患者の看護

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標

呼吸困難がなく、安楽に過ごすことができる

<問題点>
#1.ガス交換障害
目標:有効な呼吸ができ、肺における換気が改善される
<対策>
O-1.V.S.SpO2チェック
  2.呼吸状態の観察
①呼吸回数やリズム・深さ・型(努力呼吸・起座呼吸・下顎呼吸・無呼吸)・胸郭の動き
②安静時、労作時の呼吸困難の程度(息切れ、鼻翼呼吸、チアノーゼ、爪・粘膜の色の変化、ボルグスケール)
③喀痰の量・性状、咳嗽、喘鳴の有無
④血液ガスデータ、採血データ、胸部X-p、肺機能検査
  3.意識状態、神経症状(意識レベル、瞳孔径、対光反射)
  4.CO2ナルコーシス症状(頭痛、傾眠、不穏、混乱、顔面紅潮、発汗、血圧上昇、意識レベルの低下)の有無
  5.低酸素血症症状(低血圧、チアノーゼ、冷感、頻脈)
  6.胸痛・胸部重圧感の有無
  7.排便状況
8.ADL状況
T-1.医師の指示による酸素吸入
  2.心身の安静、安楽な体位の援助(セミファーラー位あるいはまっすぐに座らせ、軽い前傾姿勢をとらせる)
  3.医師の指示による薬物の確実投与、点滴管理
  4.喀痰の喀出(医師の指示による吸入、体位ドレナージ、必要時吸引、水分摂取を適宜援助
  5.効果的な呼吸訓練を説明する
   ①心身ともにリラックスし、自分のペースでゆったりと呼吸ができるようにする
   ②口すぼめ呼吸
   ③腹式呼吸
  6.環境整備、特に寒暖の差と室温に注意する。室内に香りの強い
    花は置かない
  7.換気を行い、空気を清浄に保つ
  8.不足するADLの介助
  9.便秘予防
  10.不安緩和

E-1.処置の必要性を説明する
  2.効果的な呼吸法の説明(リラックス、口すぼめ呼吸、腹式呼吸)
  3.安楽な体位の説明
  4.呼吸困難が強いときは、安静を保つ必要性を説明する
  5.有効な排痰、咳嗽方法の説明
  6.排便時の努責が酸素消費量を増加させるため、便秘予防が必要であることを説明する
  7.感染予防の必要性を説明する(手洗い、うがいの励行)
  8.自分のペースでゆっくり行動するよう指導する
  9.禁煙指導
  
#2.活動耐性の低下

アウトカム:活動を維持・拡大する事ができる

O―1~7 #1に準ずる
  8.現在の活動状況
  9.日常生活の過ごし方
  10.
T-1.患者の状態に応じて、徐々に活動を増加させる
  2.必要時介助する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました