ゴードン11の機能的健康パターンの書き方を超わかりやすく解説!!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

ゴードンの看護過程ではゴードンの示した11の機能的健康パターンの枠組みにより情報収集がなされた後、そのパターンごとに患者自身のもつ健康上の問題と看護介入を明らかにするために情彼の分析を行います。

また、そこでは看護診断を導くための情報分析がなされなくてはいけません。

以下で、パターンごとに収集した情報から看護診断を弾くために必要な分析の視点を示します。

これを応用することで看護過程を作成する上での視点を把握できるようになります。

看護過程の作成が難しい人は当サイト「看護学生宿題代行サービス」をご利用いただければと思います。

まずはLINEからぼくにご相談ください。

①健康認識–健康管理パターン

分析の視点ト患者の健康管理状況を明らかにし、健康についての考え方・それに基づいた活動状況と現在の健康状態との関連を判断する

現在の健康状態を評価し、それについての患者の考え方と今後の対応方法、また起こりうる健康管理上の問題点を予測する。

②栄養代謝パターン

分析の視点生命維持または、成長発達に伴う栄養・代謝状態を日常生活面から判断する。

患者の日常の栄養摂取状況を明らかにし、健康維持の基本である栄養状況や水分代謝状況。

皮膚や粘膜の統合状態、歯・爪・毛髪について評価し、栄養・代謝障害の問題点を判断する。

③排泄パターン。

分析の視点排泄習慣や排泄物の状態を知ることにより、腸・膀胱・その他の排泄機能状態を判断する。

適切に機能されていない場合の対応方法や問題点を分析する。

④活動 運動パターン

分析の視点患者の日常行われている活動(清潔・食事・排泄・家事・仕事)や運動状況を判断する。

日常生活活動を阻害する因子と今後予測される問題点を判断する。

⑤睡眠-休息パターン

分析の視点患者自身の睡眠・休息の状況を知り、効果的に行われているか、また、効果的でない場合はそれについての知覚・対処方法を分析する。

⑥認識-知覚パターン

分析の視点話す、聞く、見る、喚く、触れるなどの機能を把握することにより、患者の認識作業能力(言語能力、記憶、問題解決、意思決定)や必要な活動を行う場合の知覚についての特徴を判断する.

⑦自己知覚–自己概念パターン

分析の視点患者の自分自身に対する態度、能力(認知的、感情的、身体的)の知覚ボディイメージ、 アイデンティティ、一般的価値観および一般的な情動パターンを判断する.

⑧役割・関係パターン

分析の視点患者の現在の生活状況(家族、仕事、社会)における主要な役割と責任内容を分析する。

また、疾病による役割や責任の変容が生じたか、他者との関係成立についての状況、それに対する知覚や行動を分析する.

⑨性–生殖パターン

分析の視点性についての患者の考え方や満足度、潜在する問題を分析する.

また、年齢に応じた生殖能力や知覚している問題点について分析する.

⑩コーピング–ストレス耐性パターン

分析の視点 自己コントロール能力や家族のサポート状況を分析する

また、現在ストレスと知覚しているものやそれに対する対処法(考え方、行動)を分析する。

⑪価値–信念パターン

分析の視点健康に関した事柄の決定や日常行動の基礎になっている患者の考え方(価値観、信念、信仰)を分析する。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました