鎖肛で手術を受けた子供と家族の看護事例.pdf ダウンロード!!

この記事は約2分で読めます。

実際に病院に入院されていた鎖肛の小児患者(匿名)を対象とした事例を使い、ゴードンの 11 パターンによる看護過程を PDF ファイルにまとめました。

事例紹介

患者性別 年齢 発達段階

○○君 男児 0歳 乳児期

家族構成・家族の状況

父親○○歳 (○○業 勤務時間不規則夜間勤務あり)
母親○○歳 (主婦)
兄○○歳(幼稚園) の4人家族
母方の祖父 ○○歳 祖母○○歳
出産後は兄と共に、 母方の両親宅で過ごす予定だった

信仰・信条・家訓など

特になし
在胎××週 正常分娩にて出生出産時母親に異常なし、子宮復古良好
出生時体重2900g アプガースコア1分8点 5分10点
出生後すぐに、助産師が肛門のないことに気づき、鎖肛が疑われ、専門医のいる大学病院に搬送され入院となる。

治療方針

手術療法:肛門形成術肛門ブジー

入院時の状況

活発な啼泣あり、心雑音聴取され、心臓超音波検査にて心室中隔欠損症が確認される。

爪床、皮膚、口唇粘膜色良好、 ノーゼなし。

腸蠕動音良好、腹部膨満なし倒位レントゲン撮影にて低位型鎖肛と診断される。

右手手背より点滴ルート確保、持続点滴開始

心電図・パルスオキシメーター装着

>>続きはコチラから

ゴードン 11 項目のアセスメント

ダウンロードすると全て閲覧できます。(※今回のダウンロードは健康知覚ー健康管理パターンのみとなります)

小児鎖肛の病態・メカニズム分析に関する知識・内容を豊富に掲載!

圧巻のボリューム。

教員も驚きです!

看護学生さんはこの答案を活用し、プライベートの時間を増やして睡眠時間を増やしましょう

看護過程はもちろん、患者の状態に応じた個別性のある内容となっております

下記のボタンから今すぐダウンロードください。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました