金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン(やまもとりゅうけん著)を読んで感じたこと。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

この本を読んで思ったことはまず、著者は貧乏なサラリーマンをとことん煽っているということだ。

ぼくは現在サラリーマンじゃないので、煽られてる感じはないが、ずっとサラリーマンを続けている世の中の人からしたら、やや不快な思いをするだろう。

しかし、実際にりゅうけん氏はサラリーマンをバカにしているのではなく、単純にフリーランスになって彼自身が裕福になり、面倒くさい人間関係から逃れられ、自分らしく生きることができるようになったことで、それを色んな人に伝えたいという思いが強うようである。

内容はあまりデキの良い人には向けられた書籍ではなく、1日あれば余裕でサラッと読めてしまう内容。

りゅうけん氏はユーチューバーやティックトックなどあらゆるSNSで顔出し配信をされている方なだけあってしゃべりはとても流ちょうだ。

店舗が心地よいのでスーッとはいってくる。

内容の多くはサラリーマンの煽りであり、ノウハウについてはあまり書かれていないような感じもした。

ぼくは現在フリーランスで月収は100万円以上を毎月稼げるようになったが、実際にりゅうけん氏が書かれたようなマインドを持っているし、フリーランスで成功している人にとっては共通する部分も多く、なかなかうなずくことは多かった。

サラリーマンと言う働き方は確かによくない。

ぼくたちはサラリーマンという働き方が当たり前だと思って生きてきた。

しかし、ネットを誰もが使える時代ではサラリーマンじゃなくても生きていけることにみんな気付き始めた。

みんな気付き始めたが実際に行動に移す人は1%もいるのだろうか?

ぼくはもともとコミュ障で組織で働くということがどうしても好きになれなかったから、独立したいという意識がつよかった。

だから10代の頃にはすでに一国一城の主になりたいと考えていた。

だから、フリーランスになることはある意味必然だったとも言える。

しかし、多くの人は組織で働くことにそこまで抵抗がないということだろうか。

りゅうけん氏も書いているように、フリーランスを目指す人間は世の中にまだまだ少ない。

だから、フリーランスでは普通に働く(例えば締め切りを守る)だけで、トップアスリートになれる。

ぼくもこれは本質をついているなと思った。

ぼくがフリーランスで年収1000万以上を稼げるようになったのも周りに同じようなビジネスをやっている人が少ないからだ。

また、同じようなビジネスをやっている人も片手間でやってる人がほとんどで、締め切りもまもらないし、クオリティが低いものしか作れない人が多い。

だから、ぼくは特に才能はないし、平凡なことしかやっていないが、おそらく世の中のほとんどのサラリーマンよりも多い年収をもらえるくらい稼げている。

最初は当然リスクも考えた。

副業でやりはじめたけど、1年半は独立を我慢した。

当然その1年半はずっと本業よりも多い収入が副業で発生していた。

このように副業でちょっとずつやっていこうということもこの本には書いてある。

とりあえず今はまだネットビジネスの市場はそこまで開拓されていない。

だってスマホの歴史を見てもそうだろう。

スマホが多くの人の手に渡ったことで多くの人がスマホで物やサービスを買うようになった。

こういった状況がない限りビジネスというのは存在しなかったのだから当然だ。

ぼくの場合、コミュ障で引きこもりだったことが逆にいい方向に活きてきたんだと思う。

ぼくが10代の頃はまだガラケーでネットビジネスで成功した人なんてホリエモンとかしか聞いたことが内容な時代だ。

しかし、今はどうだろう。

インフルエンサーがたくさんいる。

知らな人がYouTubeで爆益を上げている。

そう、ネットビジネスで一攫千金を得た人がたくさんいるのだ。

しかし、ほとんどの人はそうじゃない。

結局のところ日本には保守的な人が多く、サラリーマンの域を超える人はあまり今後も現れない。

そういった現状に警笛を鳴らす。

それがこのやまもとりゅうけん氏の金持ちフリーランス 貧乏サラリーマンなのだと思う。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました