疾患の理解

小児

乳児嘔吐下痢症

原因 晩秋から冬季に乳幼児などが罹患する感染性の下痢症で、地域施設内で多発する 原因はロタウイルスの経口感染、一部飛沫感染である。潜伏期間は1~4日である 症状 突然激しい嘔吐が現れ、次いで下痢が起きる 下痢は...
疾患の理解

血液透析療法とは

透析とは 透析とは、半透膜(血液透析では合成膜、腹膜透析では腹膜)を介して溶質(老廃物や電解質)が移動する現象である。透析治療ではこの原理に基づき、不全状態に陥った腎臓の機能を代行し、透析器あるいは腹膜を介して老廃物や過剰な水・...
疾患の理解

妊娠高血圧症候群

病態 妊娠20週以降分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、且つこれらの症状が単なる妊娠の偶発症によるものではないものをいう。 肺水腫、腎不全、心不全、脳出血、視力障害などの致...
疾患の理解

肺炎の病態

病態 微生物の感染によっておこる肺炎は、さまざまの微生物によっておこされる肺実質の炎症すべてをさす。そして、肺炎の原因となる微生物には、大きく分けて、細菌と、細菌でない微生物(ウイルス、マイコプラズマ、クラミジア、真菌など)とがある...
疾患の理解

胃癌

病態 年間約5万人が死亡する胃の悪性腫瘍。がん死亡については1999年以降は肺がんについで2位となっている。胃がんは50~60歳代に多い病気で胃がんの発生は他臓器のがんと同じく未だに解明されていないのが現状である。胃がんの発生に...
疾患の理解

認知症の病態生理についてまとめ

病態 認知症は、いったん発達した認知機能が後天的に生じた脳の器質的障害により、健忘など認知機能が低下して生活に支障をきたすようになった状態のことを言う。アルツハイマー型、血管性認知症、レビー小体型認知症がある。 症状 初...
疾患の理解

肝臓癌

病態 原発性肝癌と転移性肝癌とに分類される。肝臓癌の95%が転移性肝癌である。 原発性肝癌とは、肝細胞より発生した癌腫を肝細胞癌(ヘパト-マ)、胆管細胞由来の癌腫を胆管上皮癌(コランジオ-ム)という。未分化の胎児性肝細胞に由来する...
疾患の理解

変形性膝関節症

病態 関節構成体とくに関節軟骨の破壊性疾患で、関節に加わるいろいろな負荷とこれに耐える関節の受容力の不均衡により、関節全体に退行性変化と増殖性変化を起こし症候性となった状態である。 症状 疼痛 患者の訴えが最...
疾患の理解

流行性耳下腺炎

原因 ムンプスウイルスの感染によって起こり、潜伏期間は2~3週間 症状 発熱、食欲不振があり、やがて両側または片側の耳下腺、さらに一部は顎下腺の腫張をみる 腫張は7~10日で消失する 合併症 ...
疾患の理解

椎間板ヘルニア

病態 人の神経には運動神経と知覚神経がある。これらの神経は脊柱管に保護されるような形で存在している。この部分の神経は脊髄と名付けられている。頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれている。各神経根は椎...
タイトルとURLをコピーしました