看護過程の展開

看護過程の展開

妊娠高血圧症候群の看護

目標 全身性浮腫の徴候の有無 安静、薬物、食事などの治療に参加できる 頻回な検査の必要性について言葉で表現できる OP(観察ポイント) バイタルサイン:特に血圧変動の有無と程度、呼吸、脈拍、チ...
小児

気管支喘息患者の看護

目標 薬剤の作用を理解し、服薬の継続が確実に行え、発作の予防ができる。また酸素療法により呼吸困難感が軽減する。 発作が生じた場合にも適切な行動をとることができ、精神的な安定が維持できる。 日常生活等の内容を理解し...
看護過程の展開

乳児嘔吐下痢症の看護

嘔吐 観察 嘔吐・吐物の性状を観察する 食事やミルクの時間との関係吐物に胆汁、血液の混入はあるか、臭いはどうか、量は出来るだけ正確に記録する 随伴症状 発熱、咳、下痢、腹部膨満、腹痛、悪心、食欲不振、脱水 ...
小児

流行性耳下腺炎患者の看護

安静させ腫脹部の疼痛があれば冷罨法を行う。カタル様症状がみられ腫脹が消失するまでが感染危険期間で潜伏期間は14~21日である。嚥下がしにくいので、食事は栄養面も考えながら食べやすいものにする他の小児と接触しないよう隔離する
看護計画

麻疹患者の看護

寒冒様症状出現から発疹出現後までが感染危険期間で潜伏期間は9~12日であり、感染経路は空気感染である。 部屋をやや暗くし、安静に休ませる 保温に気をつけるが特に温める必要はない 皮膚の清潔を保ちビタミンの豊富な食...
看護過程の展開

退院指導

患者の退院に際して、入院から退院後の生活へのスムーズな移行・自己管理による日常生活の質の確保、異常の早期発見に対する患者、家族の意識の向上などを目的として行われる指導や援助を言う。指導に際しては地域的連携や医療部門以外の協力を必要とする...
看護過程の展開

回復期の看護

疾病や障害の状況を受容し、回復への意欲を持たせる 回復期になると再び病気以前の生活に戻ることが出来るかどうか、社会への復帰に対して不安を持つようになる 日常生活動作の拡大・自立へ向けて生活指導をする 患者が社会...
看護過程の展開

化学療法患者の看護

骨髄抑制 白血球減少・貧血・血小板減少による出血傾向が出現するので全身の観察やそれぞれに応じ治療予防策が必要である。 抗癌薬の血管外露出 抗癌薬が血管外に漏れると、疼痛、発赤、腫張だけでなく、抗癌薬によっては壊...
看護過程の展開

認知症患者の看護

看護目標 日常生活のリズムができる日常生活の自立を拡大することができる安心・安楽な日常生活を送ることが出来る 観察 認知機能疾患、治療内容服薬している薬バイタルサイン生活リズム ケア 日常生活のリズムをつける...
看護過程の展開

透析患者の看護

導入期の看護 観察 不均衡症候群 尿毒症症状 体重の増減、血圧・脈拍の変動、水分出納バランス 発熱の有無 透析前後の血液データの変動 シャント部の異常の有無 随伴症状に対する看護 ...
タイトルとURLをコピーしました