陣痛

分娩

子宮収縮剤による陣痛の促進のケア方法、目的、適応。

オキシトシン、プロスタグランジンを使用して行う陣痛の促進方法のことである。 適応条件 子宮収縮剤の適応は以下の場合による 胎児側因子 児の救命のために新生児治療を必要とする場合絨毛膜羊膜炎過期妊娠またはその予防糖尿...
分娩

陣痛を促進するための頸管熟化法

陣痛の促進、誘発は経膣分娩を目的として、自然陣痛が来る前に、機械的な刺激や薬を使って人工的に陣痛を誘発すること。 その中でもビショップスコアが7点以下の場合には、頸管熟化を進めてから陣痛誘発を進めたほうが、経膣分娩の成功率が高まる。...
分娩

異常な陣痛! 2つのまとめ

微弱陣痛 分娩開始から陣痛が弱く、発作の時間が短く、また周期が長い。よって分娩が進行しない。 原因 原発性微弱陣痛:子宮内感染、精神的不安、全身の衰弱、不眠、子宮筋腫合併の妊娠などによるもの。 続発性微弱陣...
分娩

陣痛がきたかどうか確認する方法 2つまとめ

陣痛がきたかどうかは、妊婦本人の自覚によるものが一般的。陣痛のモニターは陣痛計を用いて行う。陣痛計には外側法と内側法があるが、ふつうは外側法が使われる。 外側法 散布の腹壁に圧トランスデューサーを装着し、収縮曲線を記録する。確...
分娩

陣痛が起こる原因、症状など3つのまとめ

陣痛とは 陣痛とは不規則に周期的に反復して起こる子宮体筋の収縮のこと。 陣痛は胎児や付属物を子宮から娩出する原動力であり、分娩を終了するために起こる生理現象。 陣痛発来は、不規則だった子宮収縮が規則的に(およそ10分ごと...
タイトルとURLをコピーしました