24時間畜尿

看護技術

蓄尿の目的、注意点、方法について

目的 全身性疾患(糖尿病など)、腎疾患を診断するために行う 尿一般検査:尿タンパク、尿糖、尿潜血など 尿培養検査:細菌感染の有無 尿病理検査:サイトメガロウイルス感染症でみられる巨細胞性封人体症の出現の有無...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました