産痛へのケアの実際

この記事は約1分で読めます。

産痛緩和のためのケアにはゲートコントロール理論を応用した方法や、補完医療としてアロマケアが行われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲートコントロール理論

痛みの抑制機構に関する理論。

痛みを伝える脊椎神経には2つの回路があり、
痛覚からの痛みを伝える経路とその他の刺激を伝えいる経路がある。
子宮収縮に関する疼痛刺激は細い神経繊維を通るが、マッサージをすることで太い神経線維に刺激を送ると、
太い神経線維のほうが先に視床下部に伝わって細い神経繊維の痛みの伝導を軽減できるとした。

タッチング、マッサージ、圧迫法、指圧

産婦が痛みを感じる部位に、心地よいと感じる方法を選択する。
陣痛発作時に行い、陣痛間欠時は全身の筋肉が弛緩できるように体の力を抜き、リラックスできるように促す。

圧迫法

圧迫法は子宮収縮が強くなり腹式呼吸ができなくなった時に行うとよい。
産婦の好む部位を確認して行う。
怒責感への対応には肛門圧迫法が効果的。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました