看護師の投資戦略

看護師のぼくが5000万円貯める事ができたワケ

詳細はコチラ

分娩

産痛

産痛ケアのための罨法

温罨法 血液循環が良くなることで筋緊張が緩和し、疼痛に対する感受性が低くなる。 方法 産婦が痛みを感じる部位に湯タオルや湯たんぽを当てる。湯の温度が冷めないように適宜交換する三陰交に急をすえる などなど ...
産痛

産痛へのケアの実際

産痛緩和のためのケアにはゲートコントロール理論を応用した方法や、補完医療としてアロマケアが行われる。 ゲートコントロール理論 痛みの抑制機構に関する理論。 痛みを伝える脊椎神経には2つの回路があり、痛覚からの痛み...
産痛

産痛とは何なのか!?

産痛とは 産痛とは分娩時の子宮収縮、軟産道開大、骨盤癖や骨盤底の圧迫、会陰の伸展などによって生じる痛みのことである。 産痛の原因 子宮頸部の開大と伸展子宮収縮膣と会陰部の伸展骨格筋けいれん膀胱・直腸の伸展と圧迫子宮を支持...
破水

破水の治療方法

適時破水 適時破水は生理的な現象なので、治療はいらない。 7週以降の前期破水 すでに胎児は成熟しているので、陣痛が発来し、分娩に至ってもとくに治療は必要ない。 ただし、陣痛発来により急速に分娩が進むことがあ...
分娩

破水の診断

肉眼的診断 低位破水の場合、肉眼的に羊水が流出しているのを確認できる BTB試験紙による診断 羊水はアルカリ性のため、破水すると羊水が膣内に流れ込み、膣内容物がアルカリ性になる これをBTB試験紙で判定する ...
分娩

分娩監視装置による胎児の健康状態の観察

早発一過性徐脈 胎児の危険が迫っている状態ではなく、分娩第1期で児頭圧迫が生じる子宮口4~7cmでみられる。 児頭の下降を判断する所見でもある。 子宮収縮にともなって起こる徐脈である。 子宮収縮の開始から胎児の心拍...
破水

破水の分類

時期による分類 適時破水 陣痛がきた後、胎児娩出の直前にはすいするもの。 子宮収縮による内圧の上昇によりおこる。 通常、外子宮が全開大に近い頃に破水が起こる なお、分娩介助の際に人工的に破水させること...
分娩

分娩監視装置による子宮収縮状態の観察

分娩監視装置 分娩監視装置は、胎児の心拍数と子宮の収縮を継続的に計測する装置で、分娩の時に使用する。 分娩経過中、分娩監視装置を装着することによって子宮収縮状態、胎児の健康状態を観察し、安全な分娩を行うことができる。 ...
分娩

子宮復古の観察方法

分娩終了後、子宮は急速に回復し、6~8週間後には妊娠前の大きさと位置に戻るこれを子宮復古と呼ぶ 子宮復古の過程が順調にすすんでいるかどうかを観察し評価する。 また、褥婦が子宮復古のためのセルフケアを行えるように支援する。 ...
分娩

胎児の産道通過の順序

骨盤の入り口へ進む前 分娩に進むにあたって、児の先進部は骨産道に進入していく。 その進入の度合によってその状態を以下のように定義している。 浮動:児頭がまだ骨盤の入り口に進入せず浮動している状態固定:児頭の一部が...
タイトルとURLをコピーしました