26歳 看護師 コロナワクチンにて死亡についての真相

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コロナワクチンで死亡したAさんはアパートで一人暮らしだった。

ワクチンを受けた4日後、その日は夜勤の前だった。

玄関先には夜勤で食べるはずの弁当箱があったそう。

Aさんは脳出血による突然死だった。

リビングで食事をとっている最中に嘔吐し、そのまま仰向けに目を見開いた状態で発見された。

Aさんに既往歴、基礎疾患はなし。

死因は小脳からの脳出血とくも膜下出血だった。

遺族の意向により病理解剖は行われず、ワクチン接種と死の因果関係は不明のまま。

葬儀では・・・・

葬儀はしめやかに行われた。

誰一人ワクチンのことには触れず、ただ残された遺族は早すぎる娘の死を悼むばかり。

ワクチンのことなどなかったかのようにすべてが進められたのだという。

実際に家族がそんな目にあったら、どうだろうと考えてほしい。

ワクチンを恨むだろうか。

それとも、原因不明の娘の死を受け入れるしか無いのだろうか。

ワクチンを射つべきか否か

ワクチン接種推進派、反対派の議論でインターネット上では常にざわついている。

ぼくはどちらでもない。ただ、医療従事者なのですでに自分は接種している。

正直そういう『どちらでもない、ただ、国家のやり方には従うしか無い』という人が一番多いのだと思う。

もともと日本人は国家に対する忠誠心が強かった。

それは今でもあまり変わらない。

ネット上ではいろんな意見が行き交うが、ほとんどが所詮一部の過激な人たちの独壇場でしかない。

ぼくたちは国がやれと言えばそれに従うのが常だ。

つまり、ほとんどの国民はワクチンを打たなければならないのだ。

そして、集団免疫をつけて、国を守り、国の経済を回していかなければならない。

一部の人間の命を犠牲にして多くの国民を守らなければならない。

Aさんに関して思ったこと

今回、犠牲者になってしまったAさんに関しては悔やまれるが、ぼくの意見としてはぜひ司法解剖を受けてほしかった。

そして、因果関係をはっきりさせてほしかった。

なぜなら、それは多くの国民が喉から手が出るほど知りたい情報だからだ。

みんなワクチンが怖くて、コロナが怖くて日々を過ごしている。

そんな中で必要とされているのは【真実】だけ。

インターネット上の情報は正直どれが本当かもう見分けることができなくなってきている。

そんな中で司法解剖をして、それがコロナワクチンが原因だったとしたら、その遺族にも国から4000万円ほど出るだろうし、結果によって多くの国民を救えたはずなのだ。

しかし、気持ちはわかる。

私にも愛娘がいる。

自分の娘が意図せず若くして亡くなったとしたら、その体を解剖させたいだろうか・・・・・

しかし、Aさんは看護師だ。

看護師は看護学校で習うはずだ。自分を犠牲にしてでも、苦しんでいる人々を救わなければならないことを。

Aさんも自分の体が解剖されることで多くの人が救われるのであればそれが本望であるはずだ。

ぼくはそう思う。

結局コロナワクチンどうするよ?

コロナワクチンは人体実験と言われている。

10年後に開発されるはずだったRNAワクチンを急ピッチで1年で開発したからだ。

誰にも試されていないワクチンが今、人体実験のように多くの人間が接種している。

日本人まだ数%とわずかだが、アメリカではもうすでに1億5千万人以上が接種しているという。

日本人の人口をすでに越えているのだ。

世の中にはQアノンなどの陰謀論者も多くいて、『ワクチンは人口削減のための陰謀だ』と声高に主張してきたりもする。

もはや何を信じていいのかわからない。

きみはどうする?

決めるのはあなた自身だ。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました