CO2ナルコーシス患者の看護の看護計画、看護目標、問題点まとめ!!

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職するなら今がおすすめ
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標

1.治療が確実に受けられ、CO2ナルコーシスを悪化させること無く症状が改善する。
2.事故を起こさない

問題点

#1ガス交換障害
目標:治療が確実に受けられCO2ナルコージスを悪化させること無く症状が改善する

#2身体損傷のリスク状態
目標:事故を起こさない

看護計画(#1ガス交換障害)

OP

  1.VSチェック、SpO2チェック
  2.呼吸状態の観察
   ①呼吸回数・リズム・深さ・型
呼吸補助筋の使用(努力呼吸・起座呼吸・下顎呼吸・無呼吸・胸鎖乳突筋の収縮・鼻翼呼吸)・胸郭の動き・肺雑音の有無
   ②呼吸困難の程度(ボルグスケール・息切れ・チアノーゼ)
   ③咳嗽、喀痰の有無・性状・量、喘鳴の有無
  3.CO2ナルコーシス症状の有無と程度
  (頭痛・傾眠・顔面紅潮・発汗・血圧上昇・意識レベルの低下・不穏・異常言動・異常行動・幻覚・幻聴など)
  4.尿量、水分バランス
  5.食事摂取量・水分摂取量
  6.検査データ(ph・PCO2・PO2など)

TP

1.医師の指示による酸素吸入(換気障害のある患者の場合むやみに酸素量を上げず、呼吸状態を観察しながら少量ずつ調節していく。)
  2.喀痰の喀出を図るためタッピング、体位ドレナージ、吸入、水分摂取を適宜援助。自己排痰困難時は吸引施行。
  3.必要時、呼吸の介助を行う。
  4.環境整備、特に寒暖の差と室温に注意する。室内に香りの強い花は置かない。
  5.眠剤の使用は、その作用、副作用に注意し投与する。(呼吸状態が悪化することがあるため注意)
  6.医師の指示によりNPPV・BAIPAP VISION等の準備・装着介助する。
  7.改善がみられない時は、気管内挿管を実施し、人工呼吸器による換気の促進を試みる

EP

1.必要時指導を行う。
  ①腹式呼吸②体位ドレナージ③安楽な体位④有効な咳の仕方④呼吸器の必要性

看護計画(#2身体損傷のリスク状態)

O-1~7#1に準ずる
  2.危険行動の有無・意思疎通の有無
T-1.ベッド柵4柵とし、必要時は自己にてはずせないように紐等で縛る
  2.必要時抑制する(許可を得てから)または、医師の指示により鎮静剤の使用
  3.頻回に訪室し、声をかける。 

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました