骨粗鬆症患者の看護

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標
1.骨折をせず疼痛緩和がはかれる。

#1.軽微な外傷などで骨折をおこしやすい

目標:無理な動きや体重をかけないように生活することができる

OP

1.疼痛(部位、程度)   
2.運動障害       
3.神経障害  
4.不穏症状          
5.患者の言動、表情         
6.排泄状況          
7.睡眠状況及び薬剤の使用状況
8.ベッド周囲の危険因子の有無
9.トランスファー状況
10. 安静度
11. ADL状況
12. 検査データー

TP

1.疼痛増強時指示施行
効果の有無を観察
2.合併症の予防
循環障害・神経障害・予備能力の低下予防・拘縮予防・
血液循環の悪化を防ぐ 
指示範囲内でのギャッチアップ
体位変換による除圧
褥瘡好発部位の観察
3.ADL自立への援助
援助度合いの明確化・統一
4.患者のペースに合わせ無理な動きのないよう介助する
5.環境整備
6.不安の傾聴

EP

1. 内服の方法、作用、副作用、必要性について説明する
2. 決められた安静度内で行動するよう説明する
3. 体動時の注意点を説明する
4. 患者・家族に分からないこと、不安なことがあるときは、遠慮なく看護師に話すよう説明する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました