おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

統合失調症患者に薬物拒否がある場合の看護計画

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
top

薬物療法は、さまざまな病気や症状の治療に有効であることが多いですが、患者が薬を拒否することでその効果が発揮されないことがあります。

本記事では、薬物療法への抵抗の原因とその対処法(OP、TP、EP)を紹介します。

薬物療法への抵抗の原因

  1. 患者の服薬態度や訴え。
  2. 妄想体験の有無。
  3. 病識の有無。
  4. 患者や家族の薬に対する考え方。
  5. 医師との治療関係や説明の有無。
  6. 医師、看護師との信頼関係。
  7. 副作用の有無(アカシジア、尿閉、口渇、眼球上転発作、便秘など)。

対処法

  1. 根気強く薬物療法の必要性を説明し、患者に合った支援を提供する。
  2. 患者が薬を飲むことが安全であることを保証し、副作用について説明する。
  3. 服薬確認を行い、隠し持ったり吐き出したりしていないかチェックする。
  4. 主治医との言語を統一し、薬の変更や増減量について報告する。
  5. 副作用への対応を行い、患者が苦痛を受け入れられるよう支援する。

効果的な対応のための具体的な方法

  1. 主治医の協力を得て、患者に合った服薬の必要性を繰り返し説明する。
  2. 副作用について説明し、内服を促す。
  3. 副作用が出ても心配がないことを伝える。
  4. 薬物療法に対する理解が不十分な家族に対しても、入院時や面会時などの機会を利用して説明する。
  5. 入院中から退院後の自己管理につながる服薬管理の方法を意識して指導する。
  6. 必要に応じて、薬剤師からの服薬指導を実施する。

薬物療法への抵抗は、患者や家族の不安や誤解が原因であることが多いため、医療従事者が適切な情報提供やサポートを行うことが重要です。

以下に、さらに具体的な対応策をいくつか紹介します。

追加の対応策

  1. 患者が薬の効果や副作用について十分理解できるよう、わかりやすい言葉や図解を用いて説明する。
  2. 患者や家族とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築く努力をする。
  3. 患者に対して、薬の服用スケジュールを明確にし、リマインダーやアラームを設定することで服薬の継続を促す。
  4. 患者が副作用に悩まされている場合、主治医と相談して適切な対処法を提案し、症状の緩和に努める。
  5. 患者が薬を飲む意欲を持てるよう、治療の進捗状況や効果を定期的に報告し、前向きな気持ちを持続させる。

薬物療法への抵抗を克服するためには、患者と家族の理解と協力が不可欠です。

医療従事者は、患者一人ひとりの状況やニーズに応じた柔軟な対応を心掛け、薬物療法の効果を最大限に引き出すことが求められます。

 

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました