おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

体液量不足の看護計画

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
top
マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


看護診断:体液量不足

関連因子

  1. 過剰な尿排泄や浸透圧利尿による体液の喪失
  2. 摂取量の不足や減少
  3. 体温上昇に続発する体液喪失
  4. 水分を得る能力の変化、水分を得ようとする欲求の変化
  5. うつ状態や倦怠感に続発する不十分な経口摂取

看護目標

  1. 自分に必要な水分量を知り、必要量の水分摂取を行う
  2. 体液量不足による症状を起こさないように予防する
  3. 他者の介入によって必要量の水分摂取を行う

OP(観察計画)

  1. 食事、水分の摂取状況の確認
  2. 輸液量、排尿・排便の量と回数、性状、発汗、嘔吐の観察
  3. 出血量、創傷からの排液量、ドレーン類からの排液量の確認
  4. 体重の変動の確認
  5. CVP、PVPの測定

TP(ケア計画)

  1. 医師の指示による輸液・輸血管理と水分の経口摂取の援助
  2. 医師の指示による服薬の管理
  3. 創傷の処置を行う
  4. 止血の処置を行う
  5. 発熱に対して早期に冷却、指示の解熱薬を与薬する

EP(教育計画)

  1. 体液量不足の原因についての説明
  2. 体液量不足が再発しないように予防する方法の指導
  3. 摂取すべき食物、水分量、水分の測定方法についての指導
  4. 内服薬の指導(脱水症状を誘発する薬剤を内服していれば、それを知らせるなど)
  5. コーヒー、紅茶、グレープフルーツジュースなどは、脱水症状を誘発する可能性があることを知らせる
マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました