おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

生後3日目の新生児の看護過程を解説!【ウェルネス】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

基本情報:

Aちゃん
在胎週数:35週2日
出生日時:6月15日3時30分
分娩方法:自然経膣分娩
臍帯巻絡:なし
羊水状態:混濁なし
酸素使用:なし
臍帯クリップ:装着済み
母児標識:装着済み

アプガースコア:

1分後:9点(皮膚色-1、啼泣-1)
5分後:10点

身体測定:

体重:2480g
身長:49cm
頭囲:34cm
胸囲:33.5cm

生理的状態:

体温:37.2℃(直腸温)
心拍数:149回/分(心雑音あり)
呼吸数:65回/分
胸壁と腹壁の動き:同調
肋間陥没:なし
剣状突起下の陥没:なし
四肢末梢チアノーゼ:あり
鼻翼呼吸:時折あり
呻吟:なし
啼泣:強い

観察:

四肢の動き:活発
外表奇形:なし
分娩外傷:なし

処置:

抗生剤の点眼:実施済み
早期母子接触:30分行われ、乳頭を吸啜

生後3日目の新生児看護の要点

新生児の初めての数日間は、彼らの生涯で最も重要な時期の一つです。生後3日目の新生児看護においては、特に子宮外適応、生理的体重減少、生理的黄疸に焦点を当てることが重要です。

1.新生児の子宮外適応

生後すぐの新生児は、子宮の環境から外界へと移行する過程で多くの適応を必要とします。この「子宮外適応」は、新生児が外の世界で自立して生きていくための基盤を築きます。例えば、呼吸の始まり、体温の調節、感染からの防御などが含まれます。看護師は、これらの適応が適切に行われているかを観察し、支援する役割を担います。

2.新生児の生理的体重減少

新生児は生後初めの数日間で体重が減少することが一般的です。これは「生理的体重減少」と呼ばれ、初乳の摂取量の少なさや脱水、代謝プロセスの変化が原因です。通常、出生体重の約5%〜10%の減少は正常範囲内とされています。看護師は体重の測定を定期的に行い、新生児が適切な栄養を受けているかどうかを確認します。また、過度の体重減少が見られる場合は、追加的な栄養介入や医療的評価が必要になります。

3.新生児の生理的黄疸と病的黄疸

新生児の多くは、生後数日で皮膚や眼球の白部分が黄色くなる「生理的黄疸」を経験します。これは、生まれたばかりの赤ちゃんの体が古い赤血球を分解し、ビリルビンという物質を作り出す過程で起こります。通常、この黄疸は数日で自然に解消します。しかし、黄疸が激しくなる、または長引く場合、それは「病的黄疸」の可能性を示唆し、より深刻な健康問題を示唆することもあります。看護師は、黄疸の程度を観察し、必要に応じて追加の検査や治療を勧める責任があります。

生後3日目の新生児の看護は、赤ちゃんの健康と安全なスタートを保証する上で不可欠なプロセスです。看護師は、これらの要素に注意を払い、適切なケアと観察を行うことで、新生児とその家族に安心とサポートを提供します。

生後3日目の新生児看護のアセスメント

新生児の看護は、子どもの健康と発達の基盤を形成するために不可欠です。以下は、生後3日目の新生児、Aちゃんの看護過程のアセスメントを解説するものです。

出生時の状態

Aちゃんは自然経膣分娩で出生しました。出生時に重大な問題はありませんでしたが、在胎週数が35週2日であり、早産児として定義されます。早産児は、臓器の発達が不十分であるため、呼吸や哺乳の困難、脳内出血、感染症などの問題が起こりやすいとされます。しかし、Aちゃんの場合、体重が2480gであり、低出生体重児の範疇には入りますが、出生時の状態が良好であったため、○○であり、○○と共にケアを受けています。

アプガースコア

Aちゃんのアプガースコアは、1分後に9点、5分後に10点であり、正常範囲内です。これは、出生時の新生児の状態が良好であり、適切な蘇生が行われたことを示しています。

バイタルサイン

体温は37.2℃(直腸温)で、新生児の正常範囲内です。心拍数は149回/分で、新生児の正常範囲に近い数値です。また、呼吸数は65回/分で、やや多いものの、胸壁と腹壁の動きが同調しており、肋間や剣状突起下の陥没がないことから、○○マンスコアは1点であり、正常と判断されます。四肢末梢のチアノーゼは、出生直後に一過性に見られるものですが、持続する場合は注意が必要です。

観察

Aちゃんは外表的に奇形や分娩時の外傷がなく、原始反射に問題も見られません。これらの観察結果は、Aちゃんが健康な状態であることを示しています。

結論

Aちゃんのアセスメントを通じて、生後3日目の新生児の看護過程において、出生時の状態、アプガースコア、バイタルサイン、身体的観察などが重要であることが明らかになりました。Aちゃんの場合、これらの指標は良好な結果を示しており、○○な新生児のケアが適切に行われていることが確認できます。新生児の初期段階での適切な看護と観察は、健やかな成長と発達の基盤を築くために不可欠です。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました