おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

脳梗塞 ヘンダーソン アセスメント 解説!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

基本情報:

対象患者:A氏、性別:男性、年齢:72歳。

健康歴と既往症:

55歳の時、脂質異常症と高血圧症が診断される。
65歳になった際、糖尿病の前段階である予備軍としての診断を受ける。
68歳で一過性脳虚血発作(TIA)を経験。その後、毎年かかりつけのB病院で人間ドックを受けており、最後のドック受診は2024年4月中旬。

入院に至るまでの経過:

55歳での脂質異常症と高血圧症の診断以降、68歳での一過性脳虚血発作(TIA)発症まで特に大きな健康問題はなかった。
一過性脳虚血発作後は、定期的にB病院での人間ドックを受け、特に脂質系の血液検査での異常は指摘されていない。
2025年4月1日の朝、通常通りの出勤だったが、昼食時に平衡感覚の違和感と左上下肢の重みを感じ始める。
昼食後、給湯室に向かう途中でバランスを失い転倒し、救急搬送される。搬送先のB病院でのMRI検査で、右側脳室後部に梗塞が発生していることが判明し、緊急入院する。

2025年4月3日の入院時状況:

意識ははっきりしており、体温は36.8℃、呼吸数は14回/分で規則的、脈拍は60回/分で不整脈はなし、血圧は右上肢で150/90mmHg。
質問には答えようとするが、うまく発言できない状態。
左上下肢に麻痺(筋力評価:MMT3)が見られる。

脳梗塞が呼吸機能に与える影響

呼吸制御中枢の損傷:脳梗塞が延髄や橋など、呼吸制御の中枢である神経細胞にダメージを与えた場合、呼吸のリズムや回数が乱れることがあります。これは、呼吸困難や無呼吸を引き起こす可能性があります。

呼吸筋力の低下:脳梗塞が運動神経の伝達を障害することにより、呼吸筋の力が低下することもあります。これにより、呼吸が浅くなり、換気量が減少する可能性があります。その結果、酸素の供給不足や二酸化炭素の蓄積が生じる恐れがあります。

嚥下機能の障害:脳梗塞は嚥下機能にも影響を及ぼすことがあります。食物や唾液が誤って気管に入り込むことで、誤嚥性肺炎が発症し、呼吸状態が悪化するリスクがあります。

Aさんのケース(ヘンダーソン14項目 1.呼吸のアセスメント)

Aさんは20歳から53歳まで喫煙していましたが、入院時の呼吸回数は14回/分(規則的)、入院10日目は16回/分(規則的)と、成人の正常な呼吸数(12~20回/分)の範囲内で推移しています。これは表面的には正常な経過を示していますが、脳梗塞の再発リスクを考慮すると、呼吸状態(中枢神経)や嚥下機能に影響が出る可能性があります。

まとめ

脳梗塞の患者に対するケアでは、呼吸機能への影響を常に意識する必要があります。Aさんのように表面的には正常な呼吸パターンを示していても、再梗塞のリスクや潜在的な障害を見逃さないために、継続的なモニタリングと注意深い評価が必要です。このような予防的なアプローチが、患者の安全と健康の維持にとって不可欠です。

脳梗塞のヘンダーソンアセスメントで困っている看護学生の皆さんへ。

脳梗塞に関するヘンダーソンアセスメントの理解は、確かに難易度が高いものです。

その主な理由は、多くの看護学校でより一般的に採用されているゴードンのアセスメントモデルと比較して、ヘンダーソンアセスメントを用いている学校が少ないため、参考資料が限られていることにあります。

そんな時、効果的なサポートを受けるためには、課題サポートサービス「看護学生宿題代行サービス」の活用をお勧めします。

看護学生宿題代行サービスでは、ヘンダーソンアセスメントを含む多様な看護理論や実践的なアセスメント手法に関する専門的な支援を提供しています。

具体的なケーススタディや個別の課題に合わせたサポートを通じて、理解を深めることができるでしょう。

ヘンダーソンアセスメントの理解に苦戦している看護学生の皆さん、看護学生宿題代行サービスを利用して、学習の質を高め、充実した学習経験を得ることができます。

是非、この機会に看護学生宿題代行サービスのサービスを活用してみてください。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました