おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

妊娠高血圧症候群 ヘンダーソン アセスメント解説!【看護過程】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

患者情報

Aさん、36歳、初産婦、会社員

夫:38歳、会社員、血液型O型Rh(+)

2人暮らし

健康状態

非妊時体重:62kg(BMI約25.8)、身長:155cm

血液型:B型Rh(+)

既往歴、アレルギー、喫煙歴、常用薬、不妊治療:なし

月経と妊娠歴

初経:13歳、月経周期:28日型順調

最終月経:X年2月23日、持続期間:7日間

分娩予定日:X年11月30日

妊娠中の活動

地域の母親学級・施設の両親学級に参加予定

夫は分娩の立ち合いを希望

分娩と育児に関する希望

自然分娩を希望、無痛分娩の希望なし

母乳育児を希望

入院に関する準備

入院の準備・方法に関する保健指導済み

妊娠中の経過

初期:異常なし

10週時の血液検査:Hb値13.8g/dl、Ht値40.0%

28週時の血液検査:Hb値12.3g/dl、Ht値37.4%、50gGCT126mg/dl

感染症検査

梅毒、HBs、HCV、HIV、HTLV-1:すべて陰性

風疹抗体価(HI法65倍)、クラミジア(-)、GBS(-)

現病歴

妊娠28週頃から拡張期血圧の上昇開始

妊娠30週時:収縮期・拡張期血圧ともに上昇

安静療法と食事療法の指導を受けるが改善せず

妊娠31週0日の健診時:血圧162/103mmHg、尿蛋白2+

妊娠高血圧症候群と診断され入院

ヘンダーソン14項目【12.達成感をもたらすような仕事をする】のアセスメント

Aさんは現在、妊娠高血圧症候群により入院しており、自覚症状が乏しいため、自身の病状と医師から説明された病態の重症度に違いを感じている。

医師からの病態説明を受けた後、「ほかに症状はなかったので、軽く考えていました。先生の説明を聞いて怖い病気なんだと思いました」という発言があり、これにより、今後の健康状態や胎児、分娩に対する不安が増強していると考えられる。

このため、Aさんの思いを十分に傾聴し、心理的援助を行うことが重要である。

Aさんは地域の母親学級や施設の両親学級に参加する予定であり、これは彼女が母親としての役割を受け入れていることを示している。

しかし、現在の入院状態により、自分が母親としての役割を十分に果たせないというジレンマを抱えている可能性がある。

以上のことから、Aさんは・・・・続きはご相談下さい。

妊娠高血圧症候群とは

妊娠高血圧症候群は、複雑な要因が絡み合う疾患で、遺伝的素因、年齢、体重、出産回数、合併症などが発症に影響を及ぼします。

この病気の発生機序は、多様な要因が血管の内皮障害を引き起こし、血管の攣縮や末梢血管抵抗の上昇によって高血圧が生じることにあります。

さらに、血管が透過性を増し、血漿成分の漏れやすさが増加するため、血液の濃縮や血管内脱水など血液凝固能異常の状態になります。

外部では、血管から漏れた血漿成分が体内に貯留し、浮腫を引き起こします。

これが脳に影響すれば子癇を、肺に影響すれば肺浮腫を引き起こす全身性の疾患です。

高血圧による血管攣縮は循環血液量の低下を招き、子宮・胎盤循環への影響により胎児の発育や機能に問題を引き起こし、常位胎盤早期剥離のリスクを高めます。

腎臓への影響は腎機能障害を、血液凝固能の亢進は微小血栓形成を引き起こし、線溶能の低下により各臓器で微小循環障害が生じます。

これが肝臓に影響すればHELLP症候群を引き起こす原因となります。

この病気は多くの合併症を引き起こしやすく、全身に影響を及ぼすため、病状の把握と合併症の予防が非常に重要です。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました