おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

肺炎 ヘンダーソン アセスメント【看護過程】解説!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

高齢者における肺炎とは・・・・

加齢と摂食嚥下への影響は密接に関連しており、高齢者の摂食における困難は多様な形で現れます。

最も一般的な問題は、歯の減少に伴う咀嚼能力の低下や、唾液腺の萎縮による唾液分泌の減少です。

これらの変化は、食物の咽頭への移行を困難にし、異物が気管に入り込むリスクを高めます。

また、年齢と共に咳嗽反射が低下し、異物の排除が難しくなることで、誤嚥性肺炎の発症リスクが増加します。

さらに、脳血管障害やパーキンソン病、認知症などの神経系疾患も、嚥下障害や誤嚥の原因となります。

これらの症状は、生活に大きな影響を及ぼし、窒息や栄養不良、脱水、さらには食事に対する不安や恐怖を引き起こすことがあります。

この記事では、脳梗塞を経験し、嚥下障害から誤嚥性肺炎を発症した患者のケースを取り上げ、看護過程を詳細に解説していきます。

高齢者の摂食嚥下に関する問題は、単なる食事の問題ではなく、その人の生活全体に影響を及ぼす重要な課題です。

この記事を通じて、それらの問題について深く理解し、適切なケアの方法を学びましょう。

患者紹介

患者:Bさん、81歳男性(61歳まで教師)
家族構成:Bさん、次男(57歳公務員)、次男妻(56歳パート勤務)、孫(20歳と23歳・大学生)の5人で同居。Bさんの妻は9年前に死亡。
長男(54歳)は別県に住んでいる。
疾患名:慢性閉塞性肺疾患(COPD)
介護度:要介護3
水・金:デイサービス利用

既往歴:

51歳:糖尿病診断、経口血糖降下薬を服用(薬剤名不明)、定期的に病院でフォローアップ。
79歳:心筋梗塞、ニトログリセリン1日75mg(朝・昼・夕)内服、退院時MMT左上下肢4右上下肢3。

【心筋梗塞発症前の生活状況】

<次男より聴取>
61歳まで、教師として勤務していたBさんは、仕事と家事を両立していた。
退職後の79歳心筋梗塞発症前まで、フルタイムで働く次男をサポートし、家事の多くを担当していた。
食べるスピードは、成人期から一貫して速かった。

<心筋梗塞発症後から入院前までの日常生活状況>

食事:
次男妻が準備し、形態はやわらかい食事。Bさんの希望でとろみ加工はなし。
食べるペースは、時々速く、家族からゆっくり食べるように促されていた。
飲み物を飲む時や食事中に咳き込むことはあったが、熱は出なかった。

【現病歴】

過去1週間、食事中と食後の飲み物で咳き込むことが頻繁になった。食べるペースは速い。2月29日、39.0℃、痰を伴う咳が見られ、家族と共に病院を受診し、入院。

ヘンダーソン14項目【1.呼吸】のアセスメント

心筋梗塞による大脳深部皮質の脳血管障害が発生すると、ドーパミンが減少し、それに伴いサブスタンスPも減少する。

サブスタンスPの減少は、嚥下・咳嗽反射の低下を招き、不顕性誤嚥を生じやすくなる。

また、高齢者では喉頭下垂によって喉頭閉鎖が弱まり、食道入口部が開大しにくくなる。

これらの変化は嚥下・咳嗽反射の低下と相まって、気道への異物の侵入リスクを高める。

したがって、Bさんのケアでは特に呼吸器系の管理と嚥下機能の評価、サポートが重要となる

Bさんは81歳の男性で、61歳まで教師として勤務していた。

79歳の時に心筋梗塞を発症し、現在は要介護3の状態である。

最近、特に2月29日に37.9℃の発熱と痰を伴う咳が見られ、入院となった。

入院時の検査では、白血球数が11000/μL、C反応性蛋白が13.1mg/dlと高値を示し、右中肺野に陰影と粗い断続性の副雑音が確認された。

これらの所見から、右肺に異物が誤嚥された結果、誤嚥性肺炎を起こした可能性が高い。

それは、右の気管支は傾斜角が急で短いため、異物が落ちやすいことに起因している・・・・こちらは看護過程のほんの一部です。あなたの課題のすべてのアセスメントをします!まずは看護学生宿題代行サービスまでご相談ください。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました