食事の準備

この記事は約1分で読めます。

目的

  • 栄養補給
  • 食事動作の自立を通して日常生活を拡大する
  • 社会参加の機会

手順 手技 方法

環境の調節

  • 介助する看護師も椅子にかけ、ゆったりとした気持ちで行う
  • 患者が食事に集中できないようであればテレビを消したり、スクリーンを利用して刺激を減らす

体位の工夫

  • 患者が食事を見渡せる位置に配膳し、出来れば身体を端座位または90度起座位にする
  • 患者の倦怠感や嚥下障害などの程度によっては30度、45度、80度などの適切な体位の選択をする
  • 要介助者の場合、患者の顎の下から胸のあたりにタオルをかける

観察項目 観察ポイント

摂取量 口腔粘膜の状態 咀嚼 嚥下 食事時間 食べる速さ 偏食 嗜好品 使用食品 調理法 味付け 欠食 間食 外食 

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました