放射線宿酔とは

この記事は約1分で読めます。

放射線照射治療法を施した初期段階でみられる急性反応で、悪心・嘔吐、食欲不振、全身倦怠感、めまいなどがみとめられる。
照射開始の当日または翌朝から始まり、2~3日目でピークに達し、以後は減っていく。
一日の中では朝食の時に著明で、症状が二日酔に似ているので宿酔といわれる。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました