帝王切開を受ける患者の看護計画(看護問題・観察・看護・指導)のまとめ【術後編 その1】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護問題

術後痛(創痛、子宮収縮痛)により、臥床状態・同一体位が続くために悪露の停滞を来しやすく、子宮復古不全や子宮内感染の恐れがある

看護目標

早期離床の必要性を理解し、離床を進めることができる

OP

  • バイタルサイン
  • 悪露の状態(正常、量、色、臭い、混入物の有無)
  • 子宮収縮の状況(高さ、硬さ、後陣痛の有無)
  • 排泄状況

TP

  • 安静度の拡大
  • 悪露交換
  • 排泄を進める(4時間おき)
  • 医師の指示のもと子宮収縮剤、抗生剤、鎮痛剤の投与
  • 全身の清拭・陰部洗浄

EP

  • 早期離床の必要性の説明
  • 児の吸啜の必要性の説明
  • 産褥体操の指導

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました