看護師になるなんて時代遅れ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日は看護師という職業が本当に時代遅れなのかどうかを検証していきたいと思います。

これから看護師を目指そうとする学生さんにはためになる内容ですので、見ておいて損はないです。

看護師は徐々に増えてきています。

少子高齢化なので当然です。老人は大きな病気をしやすいので。

当然看護師にこれから20年大きな需要があると思います。

最低でも20年間は引っ張りだこです。

なので結論から言うと看護師になろうとしている学生さん。

あなたは先見の明があり、とてもいい選択をしていると言えます。

ただし、考え方次第で看護師という資格自体が使い物にならなくなってしまうので注意してください。

看護師に向いている人

看護師に向いている人は基本的に看護師に適正がない人が多いです。

看護師に適正が無い人というのはどういうことか!?

適正がない人はシンプルに言うと、鈍感な人です。

患者の小さな変化、兆候に気づけない看護師ほど看護師として生き残っている確率が高いです。

それはなぜか?

やはり責任が大きい仕事でストレスが貯まりやすいので、繊細な人は仕事を途中でやめてしまうんです。

だから図太い系の看護師だけが長期勤務して生き残っていきます。

しかし、安心してください。

繊細なあなたは看護師には向いています。

なぜなら、患者に対し、細かい気遣いやちょっとした変化に気づくことができるから。

ですが、そんなあなたは仕事を続けるために工夫をしなければいけません。

その工夫とは休日はしっかりと休むということです。

繊細な人は自分のキャパシティを超えて仕事をするとすぐに疲れてしまいます。

結果的にすぐにやめてしまいがち。

それを避けるためも自分の限界を知り、それを超えない仕事をすることが大事。

例えば残業が無い職場を選ぶとか、休日はストレス解消法を色々試してみるとか。

できることは色々あります。

下記の本はそんな繊細な人がストレスを解消するためにもとてもいい方法が書かれています。

ぜひお試しください。

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

精神科医が教える ストレスフリー超大全――人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト

ストレスを操るメンタル強化術 (角川文庫)

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました