看護師の投資戦略

看護師のぼくが5000万円貯める事ができたワケ

詳細はコチラ

結婚してない看護師は☓☓します・・・・

この記事は約3分で読めます。
転職するなら今がおすすめ
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
――――――――――――――

ぼくの職場は2人夜勤なんですが、仮眠する部屋がすぐとなりにあるんです。

となりの部屋との壁は薄く、寝ている人の音がよく聞こえます。

ぼくが先に仮眠をとったんですが、夢の中でおならをする夢をみたんですよね。

かなり大きい音で目が醒めたのですが、実際にぼくがおならをしたのか、それとも夢でおならをしたのかわからなくなってしまいました。

うとうとしてたんですよね・・・・

相手は女性看護師だったので聴こうにも聴けず・・・

しかも、おならをしたあとにクスクス笑うような声がとなりから聞こえてきたんです。

これも夢か現実かわからず・・・・

どっちなんでしょうか?

神のみぞ知ると言ったところですね。

それでは本題に入りましょう。

既婚者より独身者のほうが死亡率がはるかに高い

アメリカのケンタッキー大学による過去60年におよぶ大規模な調査によると、男性、女性ともに独身者は既婚者より寿命が7~17年ほど短かったそうです。

理由は結婚することによってお互いが健康に良い生活習慣を身につけやすいからですね。

たとえば結婚すると食事は自分たちで作るようになります。

一人暮らしだと外食や弁当、ジャンクフードやファストフードもおおくなりがち。

しかし、2人だと相手のことを配慮したり、金銭的に工夫をしないといけなくなるので、必然的に手料理するようになるんです。また、手料理すれば相手のことを考えるので野菜なども入れて健康的な食事になりやすいです。

そもそも1人暮らしの人って料理してもあまっちゃうのでもったいなくて作らなくなるんですよね。

取り置きするにしても毎日同じ料理を食べ続けるハメになったりしますし、いろんなりゆうから料理しなくなるんですよ。

あとは睡眠の習慣も、相手に合わせないといけなかったりするので、必然的に同じような睡眠規則になってきます。

やはり健康のためには結婚したほうが良いと言えますね。

パートナーにおすすめのタイプ

看護師は結婚をさっさとしましょう。

独身女性ならマッチングアプリなんかでもいいので、彼氏を見つけて結婚したほうが良いです。

ただ、看護師は離婚率が高いので、相手は慎重に選んだほうが良いですよ。

ぼくがおすすめするのはコミュ障なパートナーです。

ぼくもコミュ障ですが、そういう人だと浮気とかされにくいし、本人もしようと思ってませんので管理しやすいと思います。

コミュ障の男性はめんどうくさがりますよ、わざわざ他の女性とかかわって色々駆け引きしたりするのが。

キャバクラなんか行ったことないですから。

ぼくは結婚してからはかなりラクになりました。

独身の時は彼女を作るために結構必死で頑張ってましたからね。

結婚はしときたいな!と常に思ってましたので彼女をつくる努力をしていたけど、結婚してからはそういうのまったくしなくて良くなったのでかなりラクです。

まとめ

何度もいいますが看護師はさっさと結婚してしまいましょう。

それによって精神的な安定や自分の寿命を伸ばすことができます。

看護師はそもそも夜勤とかあるから早死にしやすいですしね笑

それでは

スポンサーリンク
看護roo!

利用者満足度96.3%、看護師からの人気No1の転職サイト。
業界唯一の東証一部上場企業。
さらに業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件超え!
細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。

総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。
LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができます。
やはり業界最大手は就職する上での安心感がありますよね。

マイナビ看護師 [求職者募集]

全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい。
大手「マイナビ」ならではの企業求人を保有。
業界の人材紹介も広く行うマイナビのパイプを生かし、治験や産業看護師などの企業求人も充実。

業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
キャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に派遣先を勧めることはありません。
各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能に!
時給2500円の『高時給求人』や勤務先が保育園等のレアな求人も保有!

ナースパワーには独自の勤務形態である『応援ナース』という制度がある。この制度は6ヶ月の期限付き雇用契約で首都圏の場合、
月収45万円が保証されるといったメチャクチャ割のいい制度。
利用しない手はない!

看護師向けコラム
りゅうろぐ

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました