深部静脈血栓症患者のヘンダーソン14項目によるアセスメント

この記事は約2分で読めます。

深部静脈血栓症患者のヘンダーソン14項目によるアセスメントを入手しましたのでダウンロードできるようにしました。

>>コチラからダウンロードできます。

それでは深部静脈血栓症の患者の事例紹介と、アセスメントの内容をかんたんに説明していきたい思います。

患者事例紹介

【プロフィール】

H氏 50歳 女性 会社員

【現病歴】

4/14~4/16に南アフリカに出張した。

4/16に帰国するとき、飛行機に20時間乗った。

飛行機では機内食や水分を取らず座ったまま終始寝て過ごした。

帰国した翌日、左のふくらはぎに筋肉痛のような違和感があったが、放置した。

その後も歩行時に左のふくらはぎが痛み改善しなかった。

2日後、左足を引きずりながら歩くようになり、4/19に病院を受信し、深部静脈血栓症と診断され緊急入院となった。

>>続きを閲覧したい方はコチラ

フェイスシート

こちらは患者情報をまとめたものです。

嗜好や家族構成などわかりやすく表示されています。

これは実際に看護学校で使用された極秘資料となっております。

患者情報がわかりやすく、ひと目で分かります。

>>ダウンロードはこちら。

患者のO情報

こちらは患者が入院してからの状況が記されています。

患者の発言であったり、患者の思いが記されています。

患者が入院してからの言動や行動が記されています。

>>ダウンロードはこちら。

ヘンダーソン14項目でのアセスメント

こちらはヘンダーソンの14項目に沿って基本的ニーズとアセスメントが記されています。

模範解答として正しいアセスメントが書かれています。

アセスメントは看護学生が勝手な想像や思い込みで書くものではなく、根拠にもとづいてしっかりとした『答え』を書かなければいけません。

そのためには看護の教科書や参考書をたくさん読まなければいけません。

ですが、こちらは学校の先生も納得いくようなアセスメントなので、教科書や参考書は読まなくても、マネするだけでいい成績が取れること間違いなしです。

O情報とアセスメントが14項目収録されています。これで宿題もカンペキに提出できますよ!

>>ダウンロードはこちら。

ファイルの内容

上記がダウンロードできるファイルになります。

上記ファイルをダウンロードする。

コチラからダウンロードできます。

これらの情報をゲットして、ラクに宿題を完成させ、余った時間で有意義な学生生活をエンジョイしてください。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました