足浴の手順、方法、留意点 –病室の場合-

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職するなら今がおすすめ
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

必要物品

バケツ(足浴用)、ピッチャー、バスタオル、石鹸、ガーゼ(洗うとき用)、ビニール袋、保湿クリーム、手鏡、湯(約38℃)、新聞紙、防水シーツ ※前もってガーゼに石鹸をつけておく。

手順

1、患者さんに説明をして、必要物品を準備する。
  ・手を洗い清潔にする。
  ・新聞紙の上に防水シーツを敷く

2、靴下を脱いで椅子に座ってもらい観察する。
  ・傷や水泡はないか
  ・爪、皮膚の色は正常か
  ・腫脹や浮腫はないか
  ・冷感、温感、触感、痛感はあるか
  ・下肢の脈拍は触れるか
  ・まめや靴擦れはできていないか
  →普段は見えにくい足の裏や指の間も鏡などを使って明るい場所で観察する。(患者さんと一緒に)

3、寝衣を大腿部まで捲り上げてもらう。
  ・室温は22~24℃で寒くないようにする。
  ・どこまで捲くるのか患者さんにわかるように説明

4、湯の張ったバケツを設置
  ・患者さんの脚を一本ずつ2つのバケツで足浴する。(患者さんの体型などで考慮)

5、つま先から少しずつ湯をかける。
  ・熱くないか確認する。

6、湯にしばらくいれ、時間をおいて温める。(2~3分)

7、指間やかかとの角質の部分を中心に洗う。
 ・少しの刺激が皮膚への負担になるため、やわらかいガーゼで洗う。(しかし、患者さんの好みもあるので、爽快感を感じられるようガーゼでなくブラシを使うなど考慮)

8、バケツから足を出して、バスタオルで十分に拭き乾燥させる。
  ・細菌の繁殖につながるため。

9、かかとの角質化を防ぐため、保湿クリームを塗る。
  ・患者さんの好み、普段のケアを聞く。

留意点

*汚れは指の間、爪の間に溜まりやすい。

*家でも患者さんが自分で注意してできるように観察、留意点を説明しながら実施する。

*普段の様子を聞きながら、より良い方法を一緒に考えてく。

*指導にばかり注意を向けるのではなく、気持ちよくリラックスできるように配慮する。

*時間をかけて教育的に関わっていく。

*病室には他の患者さんも多くいらっしゃるので、うるさくならないよう配慮する。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました