アスペルギルス患者の看護

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標

1.症状に合った身体的安静を保ち胸部症状の軽減がはかれる。 
2.精神的不安の軽減がはかれる。
3.患部の保持が出来大喀血を起こさない

問題点

#1.咳、痰が多く血痰がでる。
   胸痛、息苦しさがある

目標:安静にすることで咳・痰の量が減り血痰が増強しない

*アスペルギルス症:
 感染に対しての抵抗の弱い部分に定  着・発育しやすいので注意

#2.喀血に対する不安が強い

目標:不安の軽減を図ることが出来る
  

#3大喀血を起こす恐れがある

目標:患部の安静が保持できる
   前駆症状が分かる
   落ち着いた対応が出来る

看護計画

#1について
O―1.バイタルサイン、咳の回数や強さを観察
2.血痰の回数、量、性状を観察
3.SpO2値チェック息苦しさ、胸痛の有無
4.指示の安静が保持できているか
  5.検査データーチェック(RBC、WBC、CRP、血小板など)
  6.体重減少の有無
  7.食事摂取量
  
T―1.安静に応じた日常生活を援助する(清潔介助、排泄介助、食事介助)
  2.体位ドレナージをすることで痰の喀出をはかる
    (タッピングは刺激となるため行わない)
  3.血痰量多い時は、胸部に冷罨法をする
  4.食事は冷茶、冷食とし刺激物、硬いものは避ける 血痰喀出期間は冷茶・冷食とする
  5.食事が食べられない時には、捕食を考慮する
  6.十分な水分補給と口腔ケアをする
E-1.無理に強い咳はしないように説明する 咳をする時は
    胸に手をあて小さな咳をするように説明
  2.体力の維持をはかり二次感染予防の為含、嗽手洗いについて説明
  3.熱い食べ物や刺激的な物を摂取すると刺激となり血痰
    の増強になる為、避けるように説明
  4.内服の長期服用の必要性を理解できるよう指導する
  5.安静の必要性の指導、禁煙指導
  6.痰・血痰は飲みこまないように指導

#2について

O―1.不安に思っていることを話してもらう
2.食欲、言動、表情の観察

T-1.慌てないで落ち着いた態度で接し安心感を与える
  2.規則的な静かな呼吸を促す
  3.不必要な会話はしない
  4.病状の説明を医師から行う 

#3について

O―1.バイタルサイン、呼吸困難の程度、咳漱、喀痰の量
    性状、SPO2測定、倦怠感の有無、食欲の有無、
    食事摂取量
  2.血痰、喀血の有無(有るときは性状、量、色を確認) 
  3.胸部不快の有無
   e x )胸部に温かい液がこみ上げてくる感じが無いか
  4.指示の安静が保持できているか
  5.検査データチェック

T-1.安静に応じた日常生活援助をする 
  2.食事は刺激物、熱いもの、硬いものは避ける
  3.体温、室温の調節   
  4.患部を下にした臥床体位と患部の冷却
  5.口腔内を清潔にする
  6.喀血時は痰、血は飲み込まず吐き出させる
    また誤嚥しないように顔を横に向ける
    喀出できない場合は吸引施行する

E-1.安静の必要性の指導
  2.痰、血液は飲み込まないように指導
  3.急変時はすぐにナースコールを押すよう指導する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました