慢性関節リウマチ患者の看護

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標
運動機能を維持しつつ痛みのコントロールができる

#1炎症反応および関節不動性に関連した安楽の変調

目標 薬剤・体位の工夫により日常生活が安楽に送れる

O―1.疼痛の有無・程度・部位
  2.熱感・腫脹の有無・部位
  3.関節運動状態
  4.検査データ(CRP・白血球・ESR・RF)
5. バイタルサインの変動
6. 表情・言動
7. 食事摂取量
8. 朝のこわばり・持続時間
9. 1日の過ごし方
10鎮痛剤の使用状況・副作用出現の有無
11睡眠状態

T-1.疼痛時
• 安静
• 温罨法
• 医師指示
• 疼痛増強時に看護師に知らせるよう説明する
  2 安楽な体位の工夫(枕・円座使用)
  3 抗炎症剤の服薬確認
  4 車椅子・Tステッキ・松葉杖使用し、関節へのストレス軽減

E―1 内服の作用・副作用・必要性について説明
  2 Tステッキ・松葉杖使用の必要性・正しい使用方法を説明

#2関節変形に伴う関節可動域制限に関連したセルフケア不足
 入浴・更衣・食事・排泄

目標 ADLの維持ができる

O―1.疼痛・腫脹(安静時・運動時)
  2.関節可動域制限・関節変形・拘縮・朝のこわばり
  3.筋力・廃用性筋萎縮の有無
  4.貧血の有無と程度(めまい・ふらつき)
  5.食事摂取状況
  6.リハビリテーションの内容・程度
  7.ADL状況
  8.身体への負担の有無・程度
  9.活動意欲の有無
  10.自助具の活用状況
T-1 可能な関節可動域訓練、不可能な場合は他動運動
  2.関節可動性を保つ治療の援助(温罨法・冷罨法)
  3.1日の活動スケジュールを患者と共に計画
  4.体力維持のため、安静・休息時間をもつ
  5.睡眠時間を十分にとれるよう環境調整・体位の工夫・疼痛の軽減を図る
  6.セルフケア活動を中心に徐々に活動範囲を増す
  7.不可能なセルフケアは十分に援助する
  8.自助具の活用 
E―1 ADLの可能な範囲を行うよう、その必要性を説明
  2 休養と運動の重要性について説明し、活動の耐性を増す方法について指導

#3関節変形・関節不動性・疼痛に伴う歩行障害に関連した損傷の危険性

目標 環境整備を行い、転倒・皮膚トラブルを防ぐことができる

O―1.関節変形の有無・部位・程度
  2.ADL状況
  3.補助器具の種類と活用方法
  4.筋力低下の有無・程度
  5.補助器具使用に対する認識の程度
  6.歩行状態

T-1.補助器具の活用方法を理解し、安全に活用できるまでは使用時介助
  2 環境整備
  3.皮膚にトラブルが起こるような物はタオル・テープで保護
  4.必要に応じてマッサージ・関節他動運動
E―1 補助器具使用時はその必要性を説明

#4関節変形に関連したボディーイメージの混乱

目標 症状に起因する精神的ストレスが軽減する

O―1 関節変形の部位・程度・進行度・疼痛の程度
  2.変形に対する受容度
  3.表情・言動
  4.疾患・治療の理解度
  5.病状の進行度に対する理解度
  6.治療方針の把握
  7 家族の受け入れ・協力
  
T-1.変形に対する訴えを傾聴する
  2 訴えが強い時、医師に報告し病状の説明を行ってもらう
  3.医師・看護師の言動を統一する
E―1 患者が理解できるよう、疾患やその治療について説明する

#5薬物療法(ステロイド)に関連した感染のハイリスク状態

目標 感染をおこさない

O―1 服薬状況
  2.全身状態
  3.検査データ(総タンパク・Alb・白血球・CRP・ESR・BS)
  4.副作用症状の有無
  5.食事摂取量状況
  6.薬物療法の必要性についての理解度
  
T-1.薬物の必要性と自己判断で中止しないよう説明
  2 服薬確認
  3.副作用出現時、また異常を感じたら看護師に報告するよう説明、症状の観察をし、医師報告
  4.体重測定  1回/週
  5.保清
E―1 内服薬の副作用について説明・指導

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました