多系統萎縮症患者の看護(シャイドレーガー症候群)

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標
1.危険防止に努め、安全に留意し行動する事ができる。
2.残された機能を最大限に活用しADLを拡大する。
3.膀胱直腸障害から起こりうる感染予防に努められる。また自然排泄が保てる。
4.自己にあった方法でニーズを伝える事ができる。
5.誤嚥を起こさない。二次感染を起こさない。
6.精神的に安定した状態で入院生活が送れ、闘病意欲が持てる。

#1 起立性低血圧があり転倒の危険性がある
目標:危険防止に努め、体動、移動時は安全に留意し行動できる

O-1.坐位、起立時のBPチェック
  2.意識レベルの程度
3.ADL
T-1.ADLに合わせて移動方法を選択し(歩行器・車椅子)、転倒などの危険防止に努める
  2.ベッド柵の使用、ベッドの高さの調整をする
  3.環境整備に努める
  4.スリッパを使用しないで運動靴を履く
  5.弾性包帯・靴下の使用
  6.ギャッジアップはゆっくり行う
E-1.体動はゆっくり行ない、ふらつきの強い時は一人で動かないように説明する

#2 運動障害があり、日常生活が円滑に行なえない
目標:残された機能を活用しADLを拡大する

O-1.患者の現在のADLを把握する
T-1.日常生活の援助をする
  2.時間を決めリハビリテーションを行ない、筋力低下を少なくするよう援助する
  3.適宜、体位変換を行なう
E-1.日常生活はできる範囲内のことは自分でするよう説明する

#3 膀胱直腸障害のため排泄困難がある
目標:用手、腹圧排尿法を行い、自然排尿が確立でき感染予防に努め、また、自然排泄ができる

O-1.尿・便の性状、回数、量のチェック
  2.残尿感、膀胱炎症状
  3.便秘の有無、腹部症状
T-1.用手、腹圧排尿法が実際できているか確認する
  2.環境を整える。
3.時間を決めて排尿、排便を誘導する
  4.残尿感のある場合は残尿チェックを行なう
  5.陰部の清潔保持に努める
  6.腹部膨満、緊満の程度により患者に合った方法で排便の援助をする(浣腸、摘便、坐薬、緩下剤)
E-1.自然排尿を試みる。スムーズにできない場合は手圧、腹圧をかけるよう指導する
  2.水分を控えないよう説明する
  3.清潔操作による自己導尿の指導
  4.排便に対しては腹部マッサージ、温罨法を指導
  5.食事の指導(繊維性の多い食物を進める)

#4 構音障害があり意思の疎通が図れない
目標:負担を感じないで自分に合った方法でニーズを伝えられる

O-1.コミュニケーション手段の観察
T-1.根気よく患者の訴えを聴く
  2.患者の発語は聞き流さず理解できるまで確認する
  3.頻回に訪室し、コミュニケーションを図る
  4.障害の程度により、文字板、筆談を使用する
E-1.ゆっくりと大きく口を開けて発生するよう指導する
  2.発生練習の指導
  3.文字板の指導

#5 嚥下障害があり誤嚥の危険性がある

目標:食事内容を工夫する事で誤嚥を起こさない

O-1.嚥下、咀嚼状態の観察
  2.食事摂取量、食事状況の観察
T-1.状態に応じて、食事形態を変える(キザミ食、トロミ食、ミキサー食等)
  2.吸引の準備
  3.水分の補給、吸入施行などにより痰喀出を援助する4.食事は坐位で摂取する
E-1.食事中はゆっくり、落ちついた雰囲気で摂取できるよう指導する

#6 自律神経失調により、皮膚の清潔が保てない可能性がある
目標:皮膚の清潔保持ができ、二次感染を起こさない

O-1.皮膚の状態、発汗の有無
T-1.ADLに合わせて清潔援助を計画する
  2.保清回数は状態に合わせて検討する
E-1.清潔の必要性を説明する。

#7 経過が長く精神的に不安定となり、闘病意欲を失う可能性がある
目標:不安は口に出して表現できる

O-1.患者の言動、表情観察
  2.精神状態の把握
  3.疾患。予後の理解度
T-1.医療者は統一した態度で接する
  2.気分転換、環境調整
  3.1日の生活パターンを患者と共に計画する
  4.コミュニケーションを多く持ち、受容の態度で接する
E-1.医師より疾病、予後について説明(急激な症状の悪化は通常みられないこと、生命の危険性のある疾患ではない事)
  2.患者の理解度を確認し不十分な点は追加指導をする
  3.不安、心配な事は何でも話すよう説明する。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました