不安の看護計画

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

看護問題

不安

長期目標

不安による機能障害をおこさない

短期目標

不安が軽減したと表出する

看護実践

O-P(Observational Plan )

1.不安言動の有無、内容
2.表情、態度
3.睡眠状況(良/不良)
4.食欲の有無、食事摂取量
5.病状に対しての理解度
6.身体の疲労の有無、程度
7.体重増減
8.薬物療法の有無、薬物の種類と量

T-P(Therapeutic Plan )

1.不安を表出できる環境づくり
2.検査・病状についての情報提供
3.必要であればDrとのムンテラ
4.患者の思いの傾聴
5.リラクゼーション方法の実施
  (深呼吸、音楽療法、アロマセラピー、リンパマッサージなど)

E-P(Educational Plan )

1.不安なことがあれば何でも聞いてください
2.いつでもいいので、話したいことがあれば話してください
3.一人で悩まないでください

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました