誤嚥性肺炎患者 ゴードン11項目のアセスメント 看護計画 関連図の解説!!

この記事は約2分で読めます。

実際に病院に入院されていた誤嚥性肺炎患者(匿名)を対象とした事例を使い、ゴードンの11 パターンによる看護過程を PDF ファイルにまとめました。

事例紹介(概要)

A氏 80歳男性。

妻と二人暮し。子供はいない。

60歳で43年間勤めていた工場の作業員を辞め、自宅で妻と年金生活を送っていた。

63歳で、高血圧とラクナ梗塞を指摘されたが、自覚症状はなく治療せず放置していた。

煙草1日に20本、日本酒を1日2合飲んでいた。

午前中は散歩や買い物などを妻と一緒にし、旅行にも出かけていた。

頑固なところもあるが、まじめな性格で、決めたことはきちんと行っていた。

毎日、晩酌し22時には就寝し翌朝5時までの睡眠をとっていた。

食習慣は3食規則的に食べていたが、若い頃から塩辛い味付けが好きで、肉や揚げ物を好んでいた。

68歳で、脳梗塞となり、右上下肢不全麻痺、嚥下障害がみられた。

1週間後にはリハビリ室でのリハビリテーションが開始され2ヵ月後に自宅退院となった。


※詳細な事例紹介は下記画像のようにpdfの中に掲載されています。

ゴードン 11 項目のアセスメント

誤嚥性肺炎の病態・メカニズム分析に関する知識・内容を豊富に掲載!

圧巻のボリューム。

教員も驚きです!

看護学生さんはこの答案を活用し、プライベートの時間を増やして睡眠時間を増やしましょう

看護過程はもちろん、患者の状態に応じた個別性のある内容となっております。

優先順位1位の看護問題に対する看護計画

関連図

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました