おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

ファロー四徴症 ヘンダーソン アセスメント 看護過程の解説!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

患児:Aちゃん、8か月、女児

病名:ファロー四徴症

既往歴:特になし、伝染性疾患なし

家族構成:父(40歳、会社員)、母(36歳、会社員、育児休業中)、兄(6歳、保育園)

発育状況(母子手帳より):

出生時:身長49.0cm、体重3000g、胸囲32.6cm、頭囲34.0cm

3か月健診:身長57.0cm、体重5100g、追視生後3か月頃、首のすわり生後4か月頃、寝返り生後6か月頃

入院前の生活状況:

食事:生後7か月より離乳食開始、1回量を2回に分けて摂取

排泄:排便2回/日、オムツ交換7~8回/日、便が固い場合はラキソベロン内服

活動:寝返り、短距離ハイハイ、玩具を手掌でつかむ、絵本観賞、ぬいぐるみを抱く、喃語発声、絵本の花や動物に興味

入院までの経緯:

出生:在胎40週、普通分娩、体重2900g

診断:妊婦健診で胎児にファロー四徴症が認められる

生後2日から哺乳時・啼泣時に軽度チアノーゼ発現

治療:β遮断薬(インデラル4mg、インクレミンシロップ9mg)開始、生後2か月で退院、定期受診

生後7か月:寝返り時に息荒く、チアノーゼ、啼泣時・努責時に無酸素発作発現、インデラル13mgに増量後も発作頻発、6月26日に手術目的で入院

ファロー四徴症とは

ファロー四徴症は、心室中隔欠損、肺動脈狭窄、大動脈騎乗、右心室肥大の4つの特徴を持つ先天性心疾患

発症機序:

心室中隔の大動脈側部分が右心室側に偏位し、大動脈騎乗を引き起こす

心室中隔に大きな欠損が生じる

肺動脈弁下(右室流出路)の狭窄が発生

右心室に負荷がかかり、右心室壁の肥厚が生じる

分類:

肺動脈弁下狭窄に加え、50%のケースで肺動脈弁性狭窄を合併

重症度は肺動脈狭窄の程度によって異なる

右側大動脈弓を25%のケースで合併

病態変化:

右室流出路狭窄の程度により、重症度が異なる

軽度の場合は心室中隔欠損による右左短絡が少なく、チアノーゼも軽度

重度の場合は右左短絡が顕著で、肺血流量が少なく、重度のチアノーゼが発生

最重症では、肺への血流量がほぼなくなり、動脈管を介した血流に依存する状況になり、低酸素血症が重症化する

診断と治療:

症状:胸骨左縁に駆出性収縮期雑音が聴取される
重症例では、生後1ヵ月以内に低酸素血症によるチアノーゼが見られる

診断:胸部X線で右心室拡大、心尖部挙上、肺動脈陰影の消失が特徴
心臓超音波検査で心室中隔欠損と右室流出路狭窄を評価

治療:内科的治療には、プロスタグランジンE1投与、酸素投与、輸液療法、β受容体遮断薬が含まれる
低酸素発作の予防として蹲踞姿勢や胸膝位が効果的

ヘンダーソン14項目の中の【栄養】のアセスメントについて解説!!

離乳食開始(食事摂取の発達のレベル):Bちゃんは生後6か月で離乳食を開始。哺乳とミルクも適量摂取できている。

栄養状態:カウプ指数は○○でやせ気味。低栄養の兆候あり。

多血症と低酸素血症のリスク:多血症の症状があり、低酸素血症の発作リスクがある。

水分摂取:適量の哺乳とミルク摂取で水分バランスは良好。脱水の兆候はなし。

ファロー四徴症のヘンダーソン看護過程をもっと詳しく知りたい方へ

看護学生のみなさん、小児看護過程、特にファロー四徴症の看護過程に挑戦するのは、実はとても難しいことです。

なぜなら、臨床実習では小児看護の経験がなかなか得られないため、実際に小児の患者を扱うことが少ないからです。

その結果、紙上の事例だけではイメージが湧きにくく、理解が進まないこともしばしば。

そんな時は、プロの講師がサポートしてくれる「看護学生宿題代行サービス」を利用してみませんか?実践的な知識と臨床経験を持つ専門家からのアドバイスが、学習の手助けになります。

そして、何よりも大切なのは、いつでも質問ができる環境です。

私たちは24時間対応していますので、気兼ねなくLINEでの相談をお待ちしています。

下記のLINEリンクからいつでもお気軽にご連絡ください。

みなさんの看護学習のサポートを全力で行います!。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました