おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

大腿骨近位部骨折 ヘンダーソン アセスメント【看護過程】解説します!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

病態生理

大腿骨の構造:大腿骨は人体で最も長い骨で、長管状骨に分類されます。長管状骨とは、手足を構成する形状の比較的大きな骨全般を指し、大腿骨の他に脛骨などが含まれます。

大腿骨の上部:上端は大腿骨頭と呼ばれ、球状をしています。基部は大腿骨頸で、くびれた形状をしています。外側上方には大転子、内側上方には小転子があり、これらは多くの筋肉の付着部位です。

大腿骨の下部:骨幹である大腿骨体の下端は、膝関節を形成する内側顆、外側顆、膝蓋面で構成されています。

大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折

関節包の役割:関節包内で起こる骨折を大腿骨頸部骨折、関節包外で起こる骨折を大腿骨転子部骨折といいます。

治癒の難しさ:大腿骨頸部骨折は治癒が難しいとされています。これは、骨折部位が分岐血管に近接しており、骨折によって血行が断たれて骨頭部の栄養や酸素供給が不足するためです。

骨折治癒の特徴:関節包内の骨には骨膜が存在しないため、骨折の治癒が難しくなります。また、骨折線が垂直方向に沿いやすく、骨片が離開すると治癒が遅くなります。

大腿骨近位部骨折の一般的な特徴

大腿骨近位部骨折は、特に高齢者に多く見られます。これは、骨粗鬆症や筋力の低下による転倒が主な原因です。

若年者では、交通事故や高所からの転落など、外傷が原因で起こることがあります。

大腿骨近位部骨折は、その位置や骨折の種類によって治療方法や予後が異なります。

高齢者では、骨折後のリハビリテーションや生活の質の維持が重要な課題となります。

患者事例紹介

患者:Fさん(男性、78歳、退職教師)

診断:大腿骨近位部骨折(大腿骨頸部骨折、Garden分類ステージⅣ)

既往歴:73歳で糖尿病の診断を受ける

入院の目的:右大腿骨頸部骨折の外科的治療(右股関節人工骨頭置換術)

家族構成:妻(71歳)との二人暮らし。息子が市内に住んでいる

性格:社交的だが、時に頑固である

趣味:園芸、読書

入院前の生活様子

退職後は、地域の読書サークルに参加し、妻との旅行を楽しんでいた

入院までの経過

73歳で糖尿病の診断を受け、定期的に内科クリニックで管理を受けていた

5月11日、公園での散歩中に滑り転倒、右股関節に激痛が生じた

救急車で緊急搬送され、X線検査で大腿骨頸部骨折と診断された

入院後の経過

入院初日にベッド上安静、右上肢に点滴挿入、膀胱留置カテーテルを挿入

入院2日目に右股関節人工骨頭置換術を実施

入院4日目に、膀胱留置カテーテルとドレーンが抜去された

現在の状態(5月16日入院6日目)

1日1回頓用の鎮痛剤使用で疼痛軽減

リハビリテーションを開始

ヘンダーソン14項目における姿勢のアセスメント

ヘンダーソン14項目における姿勢のアセスメントの模範解答は以下になります。

Fさんは体動時の疼痛は自制内にあり、関節可動域や筋力も正常範囲内に保たれている。

リハビリテーションへの意欲も良好である。

しかし、Fさんの発言から、股関節人工骨頭置換術後の合併症である脱臼に至る肢位に関する理解が不足していると推測される。

禁忌肢位についての理解が欠けている状態が続けば、股関節が屈曲し内旋・内転位になることで脱臼のリスクが生じる。

骨軟部組織が完全に修復されるまでは、このようなリスクを常に意識する必要がある・・・・看護過程や看護実習についてもっと詳しく学びたい方は看護学生宿題代行サービスまでご連絡下さい。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました